ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP] ドゥカティ、ストーナーとテストライダー契約
2015年 11月 24日 (火) 06:30 | 編集
2007、2011と2度のmotoGPチャンピオンで
本年までHRCとのテストライダー契約の下にあった
ケーシー・ストーナーが、2016年ドゥカティとの
テストライダー契約を結んだとの発表がmotoGP公式HP
にて報道となった。



KS001.jpg

引用

レジェンドライダー、ストーナーが古巣ドゥカティの
ブランドアンバサダーとテストライダーに就任。
HRCは23日、元王者ケーシー・ストーナーとの間で、
テストライダーとしての契約が12月末に満期となることから、
ファクトリーライダーとして起用した2011年からの協力関係に
感謝の言葉を送れば、ドゥカティ・コルセは、
ブランドアンバサダー兼テストライダーとして契約を
結んだことを発表した。海魚
2011年から2年間、HRCのファクトリーライダーとして
レプソル・ホンダから参戦したストーナーは、1年目に2度目の
タイトル獲得に成功。2年目の2012年は、ランク3位に進出。
全32戦で15勝を含む26度の表彰台を獲得した後、
2013年7月23日にテストライダーとして契約。
2015年1月14日には、テストライダーとしての協力関係を
維持することに合意して、MotoGP™マシンの開発に協力。

最高峰クラス参戦2年目の2007年から2010年まで
4年間所属したドゥカティとの契約では、ブランド大使に任命され、
6月1日から3日間開催されるワールド・ドゥカティ・ウィークに参加。
さらに、ドゥカティ・チームのテストに複数回参加することが決まった。

2007年のタイトル獲得を含め全67戦で23勝を含む42度の
表彰台を獲得した古巣に復帰することを決断したストーナーは、
「この5年間、HRCと共に素晴らしい旅をしてきた。
2011年のタイトル獲得は、当然最高点であり、沢山の友人を作った。」


「2016年に向けて、ドゥカティ・チームに再び加入するという発表は、
非常に興奮する。ドゥカティというブランド、一緒に働いてきた人たちとの
沢山の良い思い出があり、もう一度彼らと一緒に働ける機会は、
非常に特別だ。ジジ・ダリーニャは、新たなアプローチを確立させ、
僕はチーム、アンドレア・ドビツィオーソ、アンドレア・イアンノーネを助けたい。
ドゥカティブランドとドゥカティファンは、僕のキャリア、
僕の人生において大きな一部であることから、協力関係を再度確立させ、
この象徴的なブランドと共に新たなチャプターを開始することは、
本当に素晴らしい」
と、抱負を語った。

ドゥカティ・モーター・ホールディングの最高経営責任者である
クラウディオ・ドメニカリは、「ストーナーは、全てのドゥカティスタの
ハートにいつまでも残り、ファミリーに戻るという決断してくれたことが
大変嬉しいです。彼は並はずれた才能の持ち主であり、
デスモセディチの開発において、彼の経験がジジと2人の
アンドレアにとって重要な貢献となるでしょう。」

「2016年度ワールド・ドゥカティ・ウィークでの参加は、
全てのドゥカティファンにとって、デスモセディチで多くの勝利を収め、
2007年にタイトルをもたらせてくれた偉大な王者に再会するという
特別な贈り物となります」と、歓迎した。

motoGP公式HPより



HRCマシンへのこれまでの助言、アドバイスは
現実にどれほどのものであったかをここで語るには、
あまりに材料がありませんし、具体的な効果の尺を
知る術はありません。

HRCとは契約満了で、その後の彼の選択は自由です。
元々HRC関係者のコメントもそういった温度であったように
報道を目にしておりましたし、個人的にも同感です。

現実に知り得るのは、「HRCもドゥカティも、ケーシーの
存在を欲しがった」という事実あるのみ。
故、その存在と力が他チームへ渡ることは残念です。

これからの裏方におけるケーシーの活躍を期待致します。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[イベント] Enjoy Honda 鷹栖(2013)報告
2015年 11月 23日 (月) 08:39 | 編集
本田技研工業(株)主催にて、
全国各地で開催されている「Enjoy Honda」イベント

鈴鹿、もてぎは勿論ですが、熊本での開催にも
お邪魔した経験がございます。

昨日、CIVIC TypeR のプロモーションビデオが、
北海道・鷹栖町での本田技研所有コースで
撮影された事をご紹介致しました。

鷹栖でも2013年に「Enjoy Honda」が開催されました。

「2013 Enjoy Honda 鷹栖」の開催案内はこちら
(本田技研工業(株)公式HP)

一般の来場者も、「無料」で入場できるという
何とも太っ腹なイベントでしたが、伺うに
「社員とその家族向け秋祭り」的な位置づけという側面も
持つイベントとの事でした

栃研も、宇都宮からツインリンクもてぎへ車で
向かわれた方はご存じでしょう、周囲には
何もない場所に存在しますが、鷹栖も同様です

resize0333.jpg
こんな感じで・・・周辺は農家しか存在しません。
まさに北海道!

resize0334.jpg
黄色の「エア・アーチ」が迎えてくれます。


resize0335.jpg
通路をずずっと上っていくと、そこがEnjoy Honda会場


resize0337.jpg
他の会場と同様、4輪2輪の新型車展示
そしてグッズ販売と、内容はひけを取りません
よしもと芸人ももちろん来ておりましたし、
先のTypeRが使用したコースをバスで走ったり、
オーバルコースを間近で見ると言った、鷹栖ならではの
イベントも満載でした。


resize0339.jpg
我が家の家族は熱気球に乗ったり・・・


resize0338.jpg
他の会場では、猛烈な競争率の「親子バイク体験」も
苦労なく参加させてもらえたり・・・


resize0340.jpg
もちろんRC213V(2012年ペドロサ車)の展示もあったりと、
この内容を「無料」で体験できるというのは、驚愕でありました

この翌年から、北海道のEnjoy Hondaは札幌開催となり
確かに内容もさらにグレードアップしましたが、入場料が取られる事
となりました。

電車賃だけで行けることを考えれば、入場料などは
安い物ですが、この年2013年の鷹栖イベントは
私の中で最もコストパフォーマンスの高いイベントであった事
ここに自分の記憶として残しておきたいと思います。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[市販車] 北海道鷹栖での、CIVICTypeR
2015年 11月 21日 (土) 09:00 | 編集
こちらのブログでも既報の通り、
CIVIC TypeR の予約期間締め切りが11/23で
終了となります。

TypeR.jpg
(本田技研工業(株)公式HPより)

全国限定750台という、CBR1000RR REPSORLカラーのような
位置づけの市販4輪車輌

その車輌を使ったプロモーションビデオが本田技研工業(株)の
公式HPで公開されております。

場所は、北海道は旭川市からほど近い鷹栖町
本田技研工業(株)保有のテストコースで撮影された

是非ご覧くださいませ
アドレナリンが出ること必至です


本田技研工業(株)CIVIC TypeR 掲載ビデオはこちらから
(約7分間の映像です)



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。