ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[市販車]CBR600RR/スペシャル・エディション発売
2006年 01月 15日 (日) 22:42 | 編集
83

(愛読紙:ライディング・スポーツ掲載の広告)

今日は半日ほど、「う~、思い出せない、この人の名前」
という、老化現象のような時間を過ごした。

そもそも事の発端は、CSの音楽系チャンネルで放送
していた、ウルフルズ「バンザイ」のPVを見たことから
始まる。

嫁:「あ、このボーカルの人、なんて名前だっけ?」
私:「えっと・・・確かカタカナと苗字の合体じゃ?」
嫁:「そうそう・・・なんだっけ?」
私:「カールスモーキー石井?」
嫁:「ちゃうよ、・・・・思い出せない」
私:「パッパラー河合?」
嫁:「あ~、もぅ、違うって・・・」
私:「サンプラザ中野・・・じゃねーな」
嫁:「いつもこの人だけ思い出せないんだよね・・・」
私:「・・・・・わからん、ピストン堀口?」(誰やねん^^;)

こうして半日の時は過ぎ、もやっとしたまま、常に
二人は先に名前を思い出そうと必死でした。

結局先に思い出したのは私でした・・・

「と、トータス松本やぁ~!」

名前が出たときには、妙にすっきりして・・・(笑)
脳のシナプスは、歳とともにどんどん切れている
事を妙に実感した1日でした。

*************************

ブログすら書けない程緊張と多忙な3ヶ月を過ごした
話は正月早々の復帰書き込みで書かせて頂きましたが、
実は、雑誌等にも目を通す余裕がなく・・・

自分が最も欲しいと思っているバイク、
「CBR600RR」にモビスターカラーの限定車が発売
なっていたことを正月に知りました。
詳しくはこちら → ホンダのHP

昨年の「CBR1000RR」のレプソルカラー限定車に
続く、実に心をくすぐられる1台の登場です。

レプソルカラーの時もあっという間に完売したので、
今回も650台しか販売されなぃらしいと言うことで
同様の状況でしょうねぇ。

稀少感で一気に売る・・・

素晴らしい戦法です。恐れ入りました。

思い返せば、自分が大学時代、NSR250Rの
味の素カラーや、ロスマンズカラーにあこがれて
レプリカっていた時代から早15年。

2ストロークはなくなり、レプリカマシンや、レース
ベースマシンも姿を消し、アメリカンやオールド
タイプばかりになった頃、
本音「バイクも魅力なくなったもんだな」と私は
思った物でした。

しかし、ここ最近のレプリカラッシュと言うか、
レースベース車両の発売と、その売れ行きを見るに
自分の感覚も、まんざらおかしな感覚ではなかった
のだな・・・むしろ私と同じように待っていた人が、
多数いたのだな! と嬉しくなってしまいます。

辛口言うと、今年からは「モビスターカラー」の
ホンダマシンは出走しないので、自分が金を出して買う
という気には少々ならない・・・むしろ何故レプソルじゃ
なかったのか?という気になっておりますが・・・

皆様の意見も諸処あるでしょうね。

加藤大治郎ファンとかにはたまらないんだろうなぁ・・・

とにかく、こういった話題性のあるレプリカマシンを
出してくれる今の「本田技研工業」の方針に大喝采です。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




[市販車]ホンダ国内の販売ライン
2006年 01月 14日 (土) 08:42 | 編集
78

(プリモの営業マンが持ってきたカタログです)

北海道は首都圏と交通事情が違い、車がないとなかなか
思うように動き回ることが出来ません。

札幌では、地下鉄が延長建設されるたびに利用者が
減るという妙な現象が起きています。

にわとりが先かたまごが先か・・・ではないが
いずれにせよ、「まだまだ車利用でも我慢できる
交通事情」
というのが最大の理由でしょう。

「一家の人数だけ自家用車保有」というのも北海道では
冗談ではない話だ。

かくいう我が家も例に漏れない。

メインカーのストリームは、もっぱら奥さんの足。
私はほとんど運転する機会がない。
セカンドカーの平成6年車「スズキエブリイ」が私の下駄だ。

元々学生時代から私は車を2台保有していた。
と言ってもフェラーリとBMWとかではない。

ホンダCRXとホンダアクティである。
ミニバイクレースをやっていたので、軽の1BOXは必須で
あったのだ。

それが今「ストリーム」と「エブリイ」に推移しただけである。
しかしその下駄である「エブリイ」が崩壊寸前だ。
昨年末からその状況を察したのか、プリモの営業マンが
一生懸命「バモス」「ホビオ」の営業にやってきます。
勿論こちらも冷やかしではありません。

しかしもって最大の難関は「転職3ヶ月」でローン
組めるのか?ってこと(笑)
そんな長いつきあいの営業マンから聞いた話。

ホンダは高級車ブランドとして「ACURA」店舗を
展開するとのこと。
そして第一弾が「NSX」後継車種であるスポーツ車
の発売である。

トヨタの「レクサス」戦略のまねみたいでイヤだが・・・
この販売手法に関しては賛成である。

また、現在あるチャンネル「ベルノ」「クリオ」「プリモ」
では全て「ホンダ全車種取り扱い」になる。
(ACURA車種は除く)

唯一確実な話として書けないのが、店舗名が
そのまま変わらずなのか、一括「ホンダ」になるのか
と言う点である。ごめんなさい。

北海道じゃ、新聞紙上に書かれている首都圏を中心
とした「好景気感」というものは全くありません。
地方公務員である「道庁職員の給与と人員削減」
のニュースが象徴しております。

早く北海道も自立しなくては・・・と車業界の元気さに
思ってしまう。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ055




[市販車]久々に欲しいと思った1台
2005年 08月 04日 (木) 09:30 | 編集
結婚した時に、レース車輌も含め2輪は売ってしまった。
ちょうど10年前の事である。

思い返せば大学時代・・・
限定解除にチャレンジすべく試験場通い。
(当時は自動車学校で取れなかった)

やっとのことで取得した限定解除。

その後に乗っていたのはVF750F・・・・・これが私にとって
最後の公道用市販車。

でも、レース用のNSR250Rを買うために手放して、公道
車輌はその後一切買うことはなかった。

子供も生まれ、ますますバイクから縁遠くなり、
折からのアメリカンブームなどから、全く市販車に興味が
なくなっていたが

最近、これ を買いたいと心底思っている。
私の生態を知っていれば、ごく当然の反応(笑)

他の色ではだめ。これでなければ。

同じ色で600があれば、操縦する楽しさという意味で、そちらを
選ぶであろうが、あいにくこの色がない。

さて、どこからこの購入金を捻出しようか。

結局買っても、車庫で磨きまくるだけのような気も
しないではないが(*^ヮ')b

今人気のモータースポーツブログを確認しよう。ここから見れます
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2



copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。