ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]セテ・ジベルナウ引退
2006年 11月 09日 (木) 02:47 | 編集
69

(10年間の最高峰クラス、ご苦労様でした・・・)

motoGP公式HPの報道によりますと

6日、最高峰クラス参戦のスペイン人ライダー
セテ・ジベルナウは2006年シーズンを最後に、プロライダー
からの引退を発表した。

セテ・ジベルナウはスペイン・バルセロナ出身。
1992年250ccクラスで世界選手権スポット参戦を開始。
1996年に250ccクラスフル参戦開始。この年当初は
ホンダのマシンで参戦していたが、原田哲也とレイニー監督
との確執が表面化したヤマハワークスチームに、原田の代役
としてあてつけのようにレイニーに呼ばれたのがセテだった
のは有名な話。

1997年からは最高峰500ccクラスにヤマハより参戦開始。

最も華やかな活躍をしたのは2003年・・・
開幕戦にチームメイトであった加藤大治郎の死亡事故が
鈴鹿で発生。

その次の南アフリカGPに、当時HRC契約でなかったセテは
加藤のHRCマシン提供を伝えられたが、これを断りサテライト
マシンで出走。
当時ホンダのエースであったヴァレンティーノ・ロッシを
振り切って加藤に捧げる優勝を勝ち取ったのは記憶に新しい。

当時はロッシの圧倒的強さ故、セテへの判官贔屓的応援を
していた自分の気持ちを思い出す。

何より胸につけていた「74」のゼッケンが印象深く、彼の
加藤選手を思う気持ちに打たれた。

2003~04年と2年連続ランキング2位を獲得するも、
ロッシをうち倒す事は敵わず、その後の走りは輝きを失っていく。

リズムが狂うと、なかなか好調時のリズムを取り戻すことが
難しいのがモータースポーツ。
道具と気持ちと体が一体とならなくては勝つことはおろか
チャンピオンには手が届かない。

残念ながら、チャンピオンにはなれなかったが、十分私たちを
楽しませてくれた功績は大きい。
そして、日本人にはずっと忘れられることのないスペイン人
ライダーとなるに違いない。

ありがとう、そして、お疲れさまでした。
ロッシとの死闘は生涯忘れる事はないでしょう。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。