ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]C・ストーナー、ドゥカティ・ワークスと契約!
2006年 10月 19日 (木) 22:08 | 編集
058
(ケーシーは、ワークス体制を望んだ)

motoGP公式HPの報道によると

本年motoGPクラスに、ホンダ・サテライトチーム
「LCRホンダ」より出場したC・ストーナーは、
2007年度の契約を、マルボロ・ドゥカティ・チームと結んだ
ことを19日公式に発表した。

これで、2007年度のドゥカティ・ワークス・チームは、
L・カピロッシとC・ストーナーという大ベテランと将来を嘱望
されるヤングライダーとの組み合わせとなった。

同時に、セテ・ジベルナウの放出も発表された。
セテ・ジベルナウは前戦のポルトガルGP決勝中に転倒し、
鎖骨他を痛めたため、最終戦のバレンシアGPは欠場の
ため、もうマルボロカラーのセテは見れないこととなる。

C・ストーナーのコメント

「ルーチョ・チェッキネロに感謝したい。今年僕たちは一緒に
働いたけど、僕の将来にとってファクトリー・チームで走る
事ができるのはベストだと考える」


なるほど。
ホンダのサテライトより、ドゥカティ・ワークス・・・と言うより、
とにかく「ワークスチーム」を望んだというのが本音かな。

ペドロサと何かと比較されるケーシーですが、そういう
コンプレックスみたいな部分を持って2006年戦っていたの
だとしたら、私は勢力図とかワークスとサテライトの差とかを
もっと大きく差をつけて見ないといけないのかなと思った次第
であります。

正直、ホンダだけに限って言えば、
グレシーニとコニカミノルタとLCRとレプソル・・・
そんなに違うのか? と思ってました。

マシンの先行パーツとか、現実的に投入時期が違ったり
ニッキーだけが最新パーツが入っているとか、G+の中継で
岡田さんがゲストに出ていた時、聞いたような気はしましたが。

結果だけ見ますと、そんなに道具に差はないような・・・
この視点は間違ってますかね?

いずれにせよ、ハマったら怖い存在に必ずなるはず。
ホンダに強敵現ると言ったところ。

今日の同士は明日の敵。相手に不足はなしということで、
本日のブログ終了です。

↓↓↓もっとモータースポーツニュースを!
055


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。