ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]高橋裕紀、250ccで1年契約完了
2006年 09月 25日 (月) 23:32 | 編集
046

(来年も、今年と同じチームで走ることが確定した)

とうとう「生motoGP」の観戦を果たした。
詳細は後日以降にゆっくりと記すことにしようと思うが、
正直まだ興奮冷めやらず・・・といった所である。

この週末、嬉しいニュースが飛び込んできた。

本年、250ccクラスで、ホンダのワークス・マシンを駆る
高橋裕紀選手が、来年度も今年と同じ「ヒューマンジェスト
レーシング」で走ることが発表された。

契約期間は1年。
マシンはもちろん、ホンダのワークスマシンである
NSR250RWが支給される。

日本人ライダー養成スカラシップ・プログラム最後の年である
本年、2勝を挙げたものの、鈴鹿8耐テストで転倒骨折。
残念ながら250ccクラスのタイトル争いから脱落し、次年度の
契約も心配される情報がブロガーの間でもささやかれていたが、

これが答えです!

正直この結果は予想しておりました。
↓↓↓
関連記事

昨年末に、青山博一とは継続してホンダが契約しなかった事に関し、
何となく「HRCの息がかかっていないため」という勝手な私の憶測は
あながち間違っていなかった気がしています。
(サテライトのハルクプロ出身であることがその根拠)

そして、元々「HRC直系」であった裕紀の、この来年度体制発表
である。

タイトルを逃しても、裕紀は多分ホンダと契約できる・・・

そう勝手に思っていたのは事実であったが、やはり!と確信に
変わった。

大変勝手ではあるが、この事が事実かどうかは藪の中である。
勝手な私の憶測と読み捨てて欲しい。
ただし、青山博一が継続してホンダと契約できなかった事、
裕紀が契約できたこと・・・この事実から考えると、他に要因は
少ないと考えるのは間違いであろうか?

いずれにせよ、来年も裕紀にはチャンピオン獲得のチャンスが
広がったのは間違いない。
是非とも期待に応える走りを披露して欲しい。

来年は250のワールドチャンピオンと、8耐優勝。
多分これが裕紀に与えられたハードルではないだろうか?

また今日もあえて書こう。

頑張れ!高橋裕紀!!

↓ もっと、モータースポーツの記事を読みたい時は! ↓
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。