ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[F1]J・バトン残留が事実であるならば・・・
2005年 09月 20日 (火) 23:25 | 編集
BARホンダ、2006年もう一人のドライバーはJ・バトンに内定

そんな報道がネット中を今日駆け回った。

肝心のBARホンダからも、ウィリアムズF1チームからも
正式コメントが出ていない現時点で、私からコメントを
書かせてもらうのは異例であると前振りし・・・

しかしもって、これが事実であったなら・・・と仮定し、
コメントを出さずにはいられないことをお詫びして、
以下に私の思いを記す。

J・バトン残留が事実であるならば・・・

私は、
BARホンダ、及び本田技研工業の判断を100%支持します。

ホンダは本気でF1でコンストラクターズタイトルを狙っている!
この報道が事実なら、私はそう判断します。

付け加えるならば、このドライバーラインナップでなかった場合
BARホンダチームの「F1に競技参加するチーム」としての
目指す目標に疑問を感じざるを得ないことになったでしょう。

これによって、佐藤琢磨はBARホンダチームでのレギュラー
シートを失うことになるでしょう。これは非常に残念です。
苦言を呈したら、「もっと早く彼に他の選択肢を与えるべきだった」
と私は個人的に思っていると、このブログにも書きました。

ホンダのシートだけがF1ではない。BMWだってウィリアムズだって、
F1コンストラクターに変わりはない。
そういう選択肢を持って、自力で這い上がる男であって欲しい。
エールを込めて今後も琢磨を見守りたい。

今人気のモータースポーツブログを確認しよう!

当ブログも参加しています。

ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。