ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[F1]ロニー・ピーターソン
2005年 09月 02日 (金) 10:53 | 編集
今週はF1・イタリアグランプリが開催される。

私にとってイタリアGP・・・とりわけ「モンツァ」は特別な
場所である。

多分セナファンの多くが「サンマリノGP」開催地である
ディノ・フェラーリサーキットがそうであるように。

70年代後半
私にとってF1に目を向かせてくれたのが、
ニキ・ラウダであり、そしてそこから深くレースにのめり込むと
ロニー・ピーターソン という一人のレーサーに自分は
惹かれていった。

とにかく本能的に速い。
見ている人にもよくわかるほどの派手なコーナリングは
まさに彼の異名である「スーパー・スウェード」そのもので
あった。

優勝もちょこちょこしてはいたが、なかなか有力なチームに
恵まれなかった彼にチャンスが訪れたのは78年に
ロータスチームへ移籍した年のことであった。

その当時、ロータスを指揮する伝説の男
コーリン・チャップマンはロータス72以来の名車とも言える
ロータス78を77年に発表。

今は禁止となった「車全体をウイング」として考える
ウイングカーの走りとなったロータス78

さらにこれを進化させ
翌年ロータス79を投入し、他を圧倒する走りを見せた。

これを操ったのがピーターソンとマリオ・アンドレッティだった。

しかしロータスは当時、エースドライバーはマリオ・アンドレッティ
であり、今で言うシューマッハとフェラーリのような関係で、
ロータスはアンドレッティをチャンピオンに導くチーム構成であった。

彼はNo.2の契約をきっちり守った。
その年エースのアンドレッティを上回るタイムで2度PPも獲得し、
アンドレッティがリタイアしたオランダGPでは見事に優勝も
飾っていた。

そんな人柄が彼のチャンピオンへの道を閉ざしていたの
かもしれない。

翌年彼は76年チャンピオンJ・ハントを放出するマクラーレンとの
エースドライバーの地位で契約を終えていた・・・ 翌年のマクラーレン成績を見ると、生きていて彼がマクラーレンを
ドライブしてもチャンピオンにはなれなかったと思うが・・・

彼はマクラーレンを一度もドライブすることなく逝ってしまう。

運命の78年イタリアGP
スタート直後、モンツアのホームストレートエンドに置かれた
第一シケインでアクシデントは発生する。

アロウズのリカルド・パトレーゼがストレート幅いっぱいに右に
マシンを出し、数台追い越したところで、通常ラインに戻すために
左にラインを戻した。

ここで横切られたのがマクラーレンのJ・ハント。
彼もあわてて右にラインを変えようと試みる。
しかし第一シケインはもう目の前。
そしてこの時代のモンツァは第一シケインがメインストレートの
半分しかコース幅がなかった。

スタート直後で、殺到するマシン、コース幅半分。
そこでの混乱。

ハントが変えたラインの先にピーターソンがいたのだ。
ハントはピーターソンの後部をヒットする。

ヒットされたピーターソンのマシンはたまらない。
マシンは曲がるべく左ではなく急にノーズを右に向きを変える。

一直線に正面からガードレールに突っ込んだ。
クラッシュパッドもセーフティーゾーンもほとんどない地点だ。

ピーターソンのマシンはぶつかっただけでなく、猛火を吹き上げ
炎上した。

周囲は一斉にストップし、ハントを先頭にマーシャルが
ピーターソンを助け出した。彼は生きていた。

彼は担架の上で自分で首を上げ、自分の手を見る仕草をした。 (このシーンは映画「ウイニングラン」で確認できる)

両足骨折だが命に別状はない・・・・・と報道は伝えた。

しかし彼は決勝翌日に逝ってしまった。
術後不良・・・処置の不適切から様態が急変し、亡くなったと聞く。

この瞬間、78年のチャンピオンはマリオ・アンドレッティに決定した。

あれから27年が経つ。
今も私の中でピーターソンは印象強く記憶に残っている。
そしてF1を見るならばモンツァ・・・そう私が決めた事故でもある。

必ずいつか訪れたい。そう思いながら、この週末もTVでイタリアGP
を見る私がいる。ピーターソンの意志を継ぐ者たちのバトルを
見るために。


今人気のモータースポーツブログを確認しよう!ここから見れます
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2


Comment
この記事へのコメント
nobbydeed 様

ロニーを探していてここに来ました。

あのころのことが鮮明によみがえり、ちょっとブルーになりました。
1978.9.11 でしたね。僕は家に帰って、夕刊で知りました。
中学生でした。

中学生が調べていくうちに、医療ミス??がわかって、イタリアという国を恨んだりもしました。(子供でした。)

パトレーセが悪いという報道を鵜呑みにしていた時代もあります。

たしか、予選でロニーの79がクラッシュ?かなにかで、決勝は78で走っているんですよね?

ロニーの事故を宣伝に使った、”ウイニングラン”は、見ていません。
でも、見てみようかと思いました。

突然、書き込みしましてすみませんでした。

makorere
2006/ 11/ 18 (土) 23: 15: 55 | URL | 通りすがりです。 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。