ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[F1]参戦することの意味
2005年 09月 01日 (木) 10:22 | 編集
最近気になる噂と言えば、

1)来年、バトンはウィリアムズで走るのか?
  それともBARホンダ?

2)motoGP王者ヴァレンティーノ・ロッシがF1転向で
  フェラーリ入り?

という2つである。

噂話にここで私がいくら見解を述べても意味がないので、
BARホンダが優勝したければ?という私なりの見解を再度
書き記したいと思う。

これは、今選べる中でもう一人の男はバトンが最も妥当
な選択だと私は思っています。
単純にドライバー評価としてです。
(ここに琢磨と書けることが、本音一番なんですが・・・)

ファンというスタンスは、
時に「競技に参加することは何が目的なのか?」という本質を
見失い、事実をすり替えてしまう。

ホンダが今最も欲しいのは「優勝」であり「コンストラクター」としての
タイトル獲得なのである。

金とか、スポンサーの関係とか、いろいろしがらみはあるでしょう。
チーム監督が誰であるかというファクターもあるし、勿論、日本の
メーカーである「ホンダ」であることも。

しかし、目的は「勝つこと」であるのは説明の余地はない。

今選べる最もベストな選択・・・
私はその結論たる2006年ドライバーの公式発表を待ちたいと
思います。

今人気のモータースポーツブログを確認しよう!ここから見れます
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。