ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[F1]1977年のオートスポーツ
2005年 08月 16日 (火) 10:19 | 編集
019
(1977年のオートスポーツ誌 表紙は77年
日本GPでの死者を出したビルヌーブとピーターソン
のクラッシュ写真)

まだ実家です(笑)
お休みのなかった方、もう終わった方、本当にすみません。
明日、札幌に戻り、18日に会社復帰する予定です。

実家は、私のモータースポーツ歴を自分でも回顧できる
場所であります。

まだ健在の両親にも、「頼む、俺の部屋の物はいっさい捨てて
くれるな」という願いも守られ、ビデオに雑誌に、個人所蔵のお宝
が満載である。

その一つを今日はご紹介。

プロフにも書いたとおり、私のF1観戦キャリアは1975年に
さかのぼる。

そして関連雑誌、とりわけ「オートスポーツ誌」は1976年の
物から自宅に所蔵がある。

当時のオートスポーツ誌は月二回発売(1日と15日)
価格は350円、写真もモノクロが多いが、ページは170P
と今の雑誌よりも多めである。

今のようにF1は生中継、当日中継という時代ではなく、
70年代はTBSが3戦程度をダイジェストで90分放送していた
時代である。

従って、NHKニュースの「海外ニュース」での結果放送が
最も速い情報であり、次がオートスポーツ誌であった。

情報がこれしかなかったため、本当に1冊を何度も何度も
読み返した記憶がある。
今の情報大量流出の時代とは対局をなす。

心なしか記事も断言ではなく、思われる的内容が多いのも
時代なのであろうか。

画像は1977年に2度目の日本GPが富士で行われた際の
写真を表紙に使った物。

この時観客を巻き込んだ事故を起こした
ビルヌーブとピーターソンは、その後共にF1レース中に
事故死している。

時代を振り返る貴重な資料であることは間違いない。

今人気のモータースポーツブログを確認しよう!ここから見れます
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。