ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]ロッシの移籍話について
2005年 08月 04日 (木) 11:28 | 編集
私がよく訪問させて頂いているブログの一つに
omisさんの「DUCATI INDEX」 があります。

そこで見つけた記事に、ロッシの移籍に関する
噂話にふれた記事を見つけました。

内容は、来年の契約に関し、DUCATIとの交渉が水面下で
あったという内容です。

当方、決定事項は高らかに書き込み、それに対する私感を
書き込む事が多いのですが、この件に関しても公式に
「2006年ロッシはヤマハと1年契約」とアナウンスされている
事をふまえてのコメントを・・・・

以前、ロッシはホンダとの契約を完了し、ヤマハに電撃移籍を
発表しました。2003年末の事です。

この時は、発表が押しに押したことを覚えております。

個人的推測では、はっきりと目的を持った移籍が前提であり、
「ホンダに勝てる」というメーカーとチーム体制が最重要項目
だったのではないかと思っています。

結果、長らくホンダの看板エンジニアとして活躍していた
ジェレミー・バージェスの移籍をも含む、政権移籍とも言える
内容であった。

「ホンダだから勝てるんだろう」
そう周囲は彼に冗談交じりで話したという。
だからこそ、あくまでも「ホンダを出る以上、ホンダに勝つ」・・・・
これが彼の野望だったに違いない。

そのため水面下での交渉は長引いた。
その理由は「勝つ」ための準備を十分に行ったからではないか?

結果彼の野望は達成され、世のレースファン全員に
「ロッシは道具で勝ったのではない」事を今に至り知らしめていると
言っても過言ではないだろう。

そんな彼の次なる目標は何か?と自問自答した
その答えは私でなくとも同じ見解の方はいるであろう。

「母国製マシンでワールドチャンピオン」ではないだろうか?

つまりDUCATIへの移籍である。

今年もその交渉はあったと噂で聞く。
しかしもって、この時期にあっさりと彼は「ヤマハとの更新」
を選択した。

この決断の早さが、彼にとっての選択肢が重いか軽いかを
示唆してはいないであろうか?

****************************************************************

その昔、マモラやローソンが、イタリアの名門「カジバ」に移籍した
時代があった。皮肉にも活躍したのはコシンスキーを含む
アメリカンばかりであったが。

しかしワールドチャンピオン輩出にはローソンを持ってしても達成
できていない。

2007年以降にロッシがDUCATIに乗る可能性は、ロッシ自身の
気持ちを推測するに、非常に高い可能性を秘めていると考える。
しかしもって、実際にロッシが乗っているかどうかは、非常に疑問
である。

その決定的な理由は、エンジンレギュレーション変更が2年後に
実施される事実があるからである。

ロッシが、私のような「ホンダが好き」という気持ちだけで動くなら
むしろ今年DUCATIに移籍していたはずである。

イタリア車に乗るロッシを我々は見ることが出来るのであろうか?
個人的には、勝てる時代に乗って欲しいという希望はあるが・・・

今人気のモータースポーツブログを確認しよう!ここから見れます
ランキング にほんブログ村 バイクブログへ ランキング2



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。