ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP] 2015年motoGPチャンピオンはロレンソ
2015年 11月 09日 (月) 13:00 | 編集


resize0085.jpg

引用

世界ロードレース選手権(motoGP)最終第18戦のバレンシアGP
は8日、MotoGPクラスの決勝が行われ、モビスター・ヤマハ
(Movistar Yamaha)のホルヘ・ロレンゾ(Jorge Lorenzo、スペイン)が
優勝を飾り、チームメートのバレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi)を
抑えて自身3度目の総合優勝を飾った。


 ロッシは総合争いでロレンゾに7ポイント差をつけてこの最終戦に
臨んだが、前戦マレーシアGPでレプソル・ホンダ(Repsol Honda)の
マルク・マルケス(Marc Marquez、スペイン)を転倒させたとしてこの日は
グリッド最後部からのスタートという厳しい課題を与えられていた。

 ロッシは劇的な走りで後方集団を追い抜き4番手でフィニッシュしたが、
ロレンゾがホンダのマルケスとダニ・ペドロサ(Dani Pedrosa、スペイン)の
強い圧力をいなし、ポールトゥウィンを飾った。

 この日は、ロッシからロレンゾの総合優勝に力を貸そうとしていると
非難されていたマルケスが、ロレンゾをオーバーテークできるかどうかに
多くの注目が集まっていた。

 王座を逃したロッシはスペインのスポーツ紙「マルカ(Marca)」に対し、
「ホンダの見事な仕事ぶりだった、なぁ?こうなるだろうと思っていた
通りになった」といら立ちを募らせた。

 マルケスがロレンゾの「ボディーガード」になったと続けたロッシは、
「少なくともファンはマルクの計画を目の当りにした。その振る舞いについて
コメントはしたくない。この先数か月で彼は自分のしたことに気付くだろう。
優勝争いは醜い終わりを迎えた」とコメント。

「ロレンゾはタイトルに値するが、彼は本物チャンピオンじゃない。
バイクレースでこれまで起こらなかったことが起きたんだからね。
ロレンゾも満足できないさ」

 奇妙なことに、ロレンゾはチームの公式チャンネルでのインタビューで
ロッシの主張を支持するコメントを発した。

 マルケスとの間に「いかなる約束」もなかったと否定する中、
ロレンゾは同胞に追い抜かれなかったことでタイトルを獲得できたと
本音を明かした。

「彼らがスペイン人で、僕を助けてくれたのは事実だ。他のレースであれば、
オーバーテイクを仕掛けるはずが、今回はしなかった。確実に助けてくれた」

「もしバレンティーノが私の立場で、その後ろにイタリア人ライダーがいれば
全く同じことをしただろう

 総合争いでロレンゾはロッシを逆転し、5ポイント差をつけた。
3位にはマルケスが続いている。

 一方でマルケスは、ペドロサとともにロレンゾを支援したという
見解を否定している。

「ダニも僕も100パーセントの力を傾けた。ここだろうと、マレーシアだろうと、
オーストラリアだろうと、他のレースでもね。僕らは常に100パーセントの力を
注いでいるよ」

(c)AFP公式デジタルニュースより



色々な思いがあったけど、走っていたロッシには敬意を持って
映像を見ていた自分がおりました。
決して最速じゃなかったけど。
そしてすべてが自力パッシングじゃなかったけど。
現実に向かう姿で、チャンプにはなれなかったけど、
走っている姿には、どれだけチャンピオンになりたかったか
という気持ちは十分受け取りました。

でも、その後の発言でこちらも現実に戻されました。
「やはりロッシはロッシだった」かと。

チャンピオン争いになぜ既に興味がないと記したか。
私もロッシと同じ言葉を書きます。

「なぁ?こうなるだろうと思っていた通りになった」

ロッシにも私にも、そんなの結果論です。
予想は出来ても必ずそうなるとは限りません。
でも、私にも予想は出来ました。この結末は。

このレースだけを見てではなく、長い長い・・・少なくとも自身が
1983年からリアルタイムに見聞きして来た、WGP、motoGPの歴史で、
最終戦までタイトル争いが決着しなかった場合は、このような
「国と国との戦い」のような事が起こってきたわけです。
(2006年最終戦決着の記事は、著作権の絡みで削除致しましたが
同様のサポート合戦があった渦中にもロッシはおりました)


ロッシがマレーシアで指摘していたオーストラリアのレース見解とは
異質の、最終戦ではよくあるオーダーで、またまた巧みにその記憶を
ロッシは自身の擁護に利用しようとしたとしか、私には思えません。
私にだって予測できる程度の出来事ですもの。

これ(オーダー走行)が良いかどうかには触れません。
現実にコントロールがあったかどうかも断言しかねます。

過去には日本人ライダーが多数参戦していた90年代の
125ccクラスにだって、起こった事なのです。
F1でも露骨にありますよね。
昨年のmoto3クラス最終戦もしかり。

バイクに乗っているのは生身の人間です。
感情があるのです。
オリンピックで自国を応援するのに近いような・・・・・
うまく説明できませんが。そんな感情は誰でもある訳です。

これをロッシの口から「八百長」と言われても、頷ける材料は
私には一切持ち合わせておりません。
多分、貴方がこの事を1番良く知っているはずだから。

2015年motoGPで、改めて教訓として教えられた事。

「口は災いの元」

全てはプレッシャーに耐えかねたロッシが吐いた、自己擁護論
からの自滅と、長く記憶に残りそうです。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。