ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]2016年moto2クラス 暫定エントリーリスト
2015年 11月 08日 (日) 18:00 | 編集
FIM国際モーターサイクリズム連盟が7日、
2016年シーズンの暫定エントリーリストを発表した。
(moto2クラス)


R0075.jpg

引用

FIM国際モーターサイクリズム連盟が7日、
2016年シーズンの暫定エントリーリストを発表した。

合計21チーム34名がエントリー(カレックス26台、
スピードアップ3台、シューター3台、テック3 2台)

2. イェスコ・ラフィン (スイス)
   ストップ・アンド・ゴー・チーム (カレックス)
3. シモーネ・コルシ (イタリア)
   スピードアップ (スピードアップ)
5. ヨハン・ザルコ (フランス)
   アジョ・モータースポーツ (カレックス)
7. ロレンソ・バルダッサーリ (イタリア)
   フォワード・チーム (カレックス)
10. ルカ・マリーニ (イタリア)
   フォワード・チーム (カレックス)
11. サンドロ・コルテセ (ドイツ)
   ダイナボルト・インタクト・GP (カレックス)
12. トーマス・ルティ (スイス)
   デレンディンガー・インターウェッテン (カレックス)
14. ラタパーク・ヴィライロー (タイ)
   イデミツ・ホンダ・チーム・アジア (カレックス)
17. エフレン・バスケス (スペイン)
   イオダレーシング・プロジェクト・SRL (シューター)
19.  チャビエル・シメオン (ベルギー)
   QMMF・レーシング・チーム (スピードアップ)
21.  フランコ・モルビデッリ (イタリア)
   エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS (カレックス)
22. サム・ロース (イギリス)
   フェデラルオイル・グレシーニ・Moto2 (カレックス)
23. マンシェル・シュレッター (ドイツ)
   AGR・チーム (カレックス)
25. アズラン・シャー (マレーシア)
   JPモト・マレーシア (カレックス)
27. フェデリコ・フリーニ (イタリア)
   AGP・レーシング (シューター)
30. 中上貴晶 (日本)
   イデミツ・ホンダ・チーム・アジア (カレックス)
32. イサック・ビニャーレス (スペイン)
   テック3 (テック3)
33. アレッサンドロ・トヌッチ (イタリア)
   タスカ・レーシング・スクデリア・Moto2 (カレックス)
39. ルイス・サロン (スペイン)
   ストップ・アンド・ゴー・チーム (カレックス)
40. アレックス・リンス (スペイン)
   パヒナス・アマリーリャス・HP・40 (カレックス)
44. ミゲール・オリベイラ (ポルトガル)
   レパード・レーシング (カレックス)
49. アクセル・ポンス (スペイン): AGR・チーム (カレックス)
52. ダニー・ケント (イギリス)
   レパード・レーシング (カレックス)
54. マッティア・パシーニ (イタリア)
   イタルトランス・レーシング・チーム (カレックス)
55. ハーフィス・シャハリン (マレーシア)
   ペトロナス・レーシング・マレーシア (カレックス)
57. エドガル・ポンス (スペイン)
   パヒナス・アマリーリャス・HP・40 (カレックス)
60. フリアン・シモン (スペイン)
   QMMF・レーシング・チーム (スピードアップ)
70. ロビン・ミュールハウサー (スイス)
   テクノマグ・インターウェッテン (カレックス)
73. アレックス・マルケス (スペイン)
   エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS (カレックス)
77. ドミニケ・エジャーター (スイス)
   テクノマグ・インターウェッテン (カレックス)
87. レミー・ガードナー (オーストラリア)
   AGP・レーシング (シューター)
88. リッキー・カルドゥス (スペイン)
   JPモト・マレーシア (カレックス)
94. ジョナス・フォルガー (ドイツ)
   ダイナボルト・インタクト・GP (カレックス)
97. チャビ・ビエルゲ (ドイツ)
   テック3 (テック3)

motoGP公式HPより



moto2来年のエントリーが発表となりました。
現時点で、空席発表はなし。
基本このまま来年を戦うメンツと言えるでしょう。

筆者が気になった点をいくつかピックアップ

・ステップアップのケントとオリベイラが同じ「レパード・レーシング」
 とはびっくり。新チーム&どちらもmoto2初年度ライダーと
 そこだけが不安材料。

・出光アジアは中上が残留(これが1番知りたかった)
 ただ、相方にラタパー・ウィライローが復帰というのは
 予想しておりませんでした。若手で良い選手がいない?
 と言うことなのでしょうか。

・個人的に注目の2世、レミー・ガードナーがステップアップ
 一時は父のワインが出光アジアの岡田忠之と協議の場を
 持った?との報道もあったが、やはりチームの目的には
 合致しなかったと言うことなのでしょうか。スッターのマシンに
 落ち着いたようです。

・アズラン・シャーは出光アジアからJPモト・マレーシア
 へと移籍。2年の成績を見るに致し方なしか。

・ルイス・サロンもポンス・チームから移籍。
 こちらも2年間の成績を見るに致し方なしか。
 空席に加入のエドガル・ポンスはオーナーの息子さん
 でしょうか?どのカテゴリーにも見られる光景です。

・ホンダのセミワークスとも言える「マーク・VDS」は
 ラバトがステップアップでアレックス・マルケスは残留
 空席にフランコ・モルビデッリが加入。アレックスは勝負の年
 と言えるでしょう。

・今年、唯一カレックス勢と互角に渡り合った、サム・ロースは
 グレシーニに移籍、カレックスを手に入れて、強力な存在です。
 チャンピオン候補でしょう。

・大好きなマティア・パッシーニがイタルトランスから復帰!
 これは嬉しい。

とまぁ、書き切れない話題が満載のラインナップ。
来年も楽しみでございます。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。