ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]HRC取締役副社長中本修平のインタビュー
2015年 11月 03日 (火) 08:00 | 編集
HRCは2日、HRC取締役副社長中本修平の
インタビューをリリース。前戦マレーシアGPに関して
事実を説明した。


引用

HRC_2015_11_020.jpg

前戦で起きたアクシデントに関して、
フロントブレーキレバーのインパクトが
転倒の理由だったことを説明。


まず第一に、我々は仮定についてではなく、
事実に関する説明が非常に重要だと思います。
事実は事実であり、唯一の解釈です。
仮定は異なる方向に翻訳することができ、どちら側に依存します。
我々のスポーツのために、我々は発生した事実を考慮することを
望み、次の通りに明白に説明します。

・ マルク・マルケスは、オーストラリアGPの
決勝レースで最終ラップにホルヘ・ロレンソを抜いて
優勝したことから、チャンピオンシップにおいて、
5ポイントを縮小しました。

・ マレーシアGP前日に木曜、プレスカンファレンスで
バレンティーノ・ロッシは、マルク・マルケスがホルヘ・ロレンソを
手助けするために走ったと非難しました。

・ マレーシアGPで、ロッシは意図的にマルクを走行ラインの
外に押し出し、転倒を引き起こしました。レースディレクションは、
この行為に対して、3ポイントのペナルティを科し、
FIMが確認しました。

実際の問題として、上記の項目は、我々が検討でき、
発言できる唯一の事実です。
他の議論は、仮定に基づくことになります。仮定を話すことは、
否定的な雰囲気を増加させるだけで、我々が現在直面
していることですが、起きたことの事実に変更はありません。

マレーシアGP後の状況に関する意見は?
我々HRCは、このような状況に至ったことが非常に残念です。
フィリップアイランドのレース後、証拠もなしに、マルクが非難の対象
となっていることを強調したいです。
明白に、チャンピオンシップを争うライダーを助けたいと思う根拠がなく、
レースに勝つためにプッシュし、そうしました。映像を確認すると、
バレンティーノとマルクが偉大且つ公正なバトルを認め合い、
チェッカーフラッグ後に握手を交わしたことを観ることができます。

マレーシアGPにおけるマルクとバレンティーノのバトルは、
バレンティーノの非難の結果であると考えられますか?

我々は正直なところ、そうであるとは思いません。
マルクは常に100%でレースに取り組みます。
それが彼を愛する理由の1つであり、世界中の多くのファンを持ちます。
マルクは、可能な限りのベストリザルトを獲得するために常に
全開でプッシュします。彼のキャリアにおいて、多くのライダーたちとの間で
偉大なバトルがあり、誰もそのことに対して、不平を訴えませんでした。
マレーシアでは、我々は、今シーズン何度か起きているように、
マルクがフルタンクのレース序盤に苦戦していたことを知っています。
また、レース序盤にミスを犯して、ホルヘに抜かれました。
そこでバレンティーノが追いつき、彼らは3位争いを始めました。
抜き合いは極端でしたが、安全でした。我々は、
2人の最も偉大なチャンピオンによるバトルを観ました。

マルクはバレンティーノをスローダウンさせたことは可能でしたか?
ラップタイムは非常に速かったです。
明白に、マルクがバレンティーノをスローダウンさせようという
意図がなかったことを示します。加えて、マルクが転倒した後、
バレンティーノは彼の前が開かれましたが、彼のラップタイムは、
マルクとのバトル中よりも速くなかったです。我々は彼らが全力で
プッシュしたと信じます。両者は3位を望み、ダニとホルヘを捕まえようと
トライしましたが、このバトルにより、前の2人とのギャップが広がりました。
これはレースです。マルクとバレンティーノのような2人のタレントが
存在するとき、素晴らしいバトルを観ることができ、
我々はそのレースを観ました。

バレンティーノがマルクのバイクを蹴ったと思いますか?
バレンティーノが意図的にマルクを走行ラインの外に
押し出そうとしたことは明白です。それは競技規定外で、
マルクはワイドに走るほか選択肢はなかったです。
マルク車のデータは、バレンティーノとの接触を回避しようと
試みていることを示していますが、彼のフロントブレーキレバーが
突然フロントタイヤをロックするインパクトを受けました。
これが転倒の理由です。
このプレッシャーは、ロッシの蹴りの結果だと信じます。
マルク車から収集したデータは、ドルナ、FIM、報道関係が
確認したい場合には、入手可能です。

マルクがセパンでバレンティーノをスローダウンさせようと
しなかったと発言したことを信じますか?

マルクを良く知っています。彼は強く正直なグッドなガイです。
誰でも行うように彼はポジションを守ろうとトライしただけです。
我々は彼を100%信じます。

レースディレクションの対処法に対する意見は?
我々はレースディレクションの決定を尊重します。
彼らが科したペナルティが正解か間違っていたかを
判断したくありませんが、我々は彼らがレース中に決断を
下すたけの充分な証拠があり、レース終了まで待つ必要は
なかったと思います。

バレンティーノがレースディレクションとFIMスチュワードの
決定に対して、スポーツ仲裁裁判所に控訴したことをどう思いますか?

これは彼の権利です。我々はスポーツ仲裁裁判所の決定を尊重します。

人々は、マルクがバレンティーノとバトルすることは
アンフェアだと言います。バレンティーノはチャンピオンシップを
争っていますが、マルクはそうでありません。
これはレースです。アラゴンでダニがバレンティーノと闘い、
フィリップアイランドではイアンオーネが彼と闘った後、
発言や不安はありませんでした。
誰も他の競争者を助けようとしなかったイアンノーネを非難しませんでした。
困難なシーズンで、セパンでは、マルクが彼のチームのために、
彼自身のために、可能な限りのベストリザルトを獲得したかっただけです。
3位を争う機会があるとき、4位に甘んじるのは、
彼の中で自然ではありません。

2010年のもてぎを振り返る必要があるでしょう。
バレンティーノはタイトル争いに加わっていないとき、
チームメイトのホルヘとグレートなバトルを繰り広げました。
レース後、ホルヘがタイトル争い外にも関わらず、バレンティーノが
非常にアグレッシブだったと不満を訴えたとき、彼は、
「日本入りの前に僕に期待することをヤマハに訊いた。
もし、そのようなことを知っていたら、自宅に留まっていた」と、発言しました。
我々はバレンティーノのアプローチ対して完全に同意し、
常に我々のライダーたちが可能な限りのベストリザルトを
獲得するためにサポートします。

現時点におけるバレンティーノに対する意見は?
バレンティーノは我々のスポーツにおいて最も偉大なチャンピオンです。
今年素晴らしい仕事をしたと思います。彼がチャンピオンになれば、
本当に相応しいでしょう。1年を通じて最も速く、安定していました。
彼が36歳という事実は、さらに敬意が高まります。そうは言っても、
フィリップアイランドに関する非難とセパンでの行為は理解しません。
バレンティーノがそのことを考え、ミスだったと理解することを期待します。

バレンシアにおけるホンダの目標は?
いつものように我々の目標は勝利です。マルクとダニが、
優勝争いができることを期待します。順番は関係なく、
1位と2位でフィニッシュできれば、大変嬉しいです。
第一に4連勝でシーズンを締め括りたいです。
第二に、もし彼らがホルヘとバレンティーノの前に進出すれば、
彼らの結果はタイトル争いに影響しません。最後に、
ホンダのライダーたちは優勝するために、純粋な競争のために、
レースをすることを誰もが理解して欲しいです。

motoGP公式HPより


再三書くと、「ジジイ」と言われるネット環境ではございますが、あえて。
中本氏としては、発言しなくてはならない立場でしょうから
「蹴ったという証拠がある」となってはおりますが、
私見としてそこが論点ではないのでスルーです。
あえて書けば、私はバレが「蹴った」とは思っておりません。

それ以外に関しては、「ごもっとも」とだけ。
何故イアンノーネは非難されないのか?という点に
触れていただいたのも私の中では初めてのメディア報道でした。

気づけば、あと3日で走行が開始されるヴァレンシア。
早いですね。
個人的には、もうこのままの判定が変わることなく、レース開催
と進んで欲しい。そう願っております。
改めて、「ホルヘとバレ以外の選手には、何も考えずに自分の仕事を」
そう思い、願うだけです。

選手に何か手かせ足かせあっては、それだけで最終戦、
それこそ意味のない開催になってしまうから。



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。