ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]セパンでの出来事・各人の見解(1)
2015年 10月 26日 (月) 08:08 | 編集
◆ レースディレクションの見解(抜粋)

レースディレクターのマイク・ウェッブはロッシへの裁定を、
下記のように説明。

R0068.jpg

引用

レースディレクションは、バレンティーノ・ロッシに対して、意図的に接触する
無責任な走行により、3ポイントのペナルティを科しました。
彼はコーナーにおいて、(マルク・マルケスを)走行ラインから
強制的に押し出す目的で意図的にワイドに走りました。
その結果、転倒が発生しました。転倒を引き起こした無責任
な走行であり、我々はロッシに3ポイントのペナルティを科しました。

motoGP公式HPより



◆モビスター・ヤマハ代表 リン・ジャービスの見解

R0069.jpg

引用

今日起きたこと、トラックでのアクシデントは、バレンティーノ・ロッシと
マルク・マルケスとの間で激しい競争の2レースがもたらした結果でした。
フィリップアイランドのレースは、マルクがレースをコントロールしようと試み、
チャンピオンシップの結果に影響を与えようとしたことを、
先日バレンティーノが告発したことが関係しています。バレンティーノが
メディアに発言したことに対するマルクのリベンジを今日観ました。

(中略)

彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではないことから、
チームとして、レースディレクションの決定をFIMに控訴しました。

motoGP公式HPより


残されたのは映像だけ。
お互いの立場を前面に出せば、見解が異なるのは当然。
実際にライダーが、何を考え、優勝以外の事を考えていたかどうかを
正確に判断するのはもはや不可能。

ただ、私の私見と異なる箇所をあえて書くならば、

「彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではない」
「バレンティーノがメディアに発言したことに対するマルクのリベンジ」


ということではない。
多くの方が、プレスカンファレンスの発言や、彼が行った行動の映像
これを見て「正しい」とは到底受け入れがたく。

ロッシが述べる、オーストラリアにおける「マルケスの意図的な
レースコントロール」との主張は、昨年セパンのmoto3クラスで行われた、
ミラーとアレックス・マルケスの間に起こった「特定の人物」に対する
意図的な操作のように明確なものなのだろうか?

マルケスはレースを失い、ポイントを失った。
レースの目的を一時的に放棄し、
レース中に個人攻撃をするロッシの行動の末に。

ロッシのその行動を、どんな理由を彼が語ったとしても、
肯定される判断があるとするならば、逆に驚愕だ。


(筆者追記)
「彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではない」
=「マルケスがだけターゲットだったため」とでも読み替えろと言う事
なのでしょうか?
何にせよ釈然としない発言です。



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。