ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Good-bye! 鎌田学!
2010年 05月 15日 (土) 12:00 | 編集
冗談かと思った。

109

でも・・・・・冗談でもなければ嘘でもなかった。

和光の本田技研ビルで働く友人から携帯に届いたメールは、
「学が亡くなったんだよ・・・」って。

110

一線を退き、これからモータースポーツの素晴らしさを伝えていく、
そんな役割を果たせる数少ない、特化したポジションを築くはずだったのに。

一線を退き、これからが長い人生だったはずなのに。
ハードな現場から離れて、こちらもちょっとは、安心していたのに。

111

80年代後半から90年代初頭にかけて、北海道でレースに携わった
自分を含めた全ての仲間の夢を託し、誇りだった鎌田学。

「残念」・・・・・と言う言葉しか今は思い浮かばない。

1999年鈴鹿8耐・・・・・
ヨシムラの隼でカテゴリー優勝。

112

毎週サーキットで会っていた頃のように普通に、
「あ、わざわざ来られたんですか」って迎えてくれた暑い夏。


2006年・秋、ツインリンクもてぎでの感謝祭で・・・
113

この時も、「あ、わざわざ来てくださったんですね」って相変わらず。
この日が直接言葉を交わす最後になるとは、夢にも思わなかったよ。

「僕は2流ですから」って、よく口にしていましたよね。
そしたら俺は5流だよ。ったく。

手稲山でずっこけて、ドロドロになったNS50を今でも思い出す。
札幌スポーツランドでリアを流して立ち上がっていた最終コーナーを
真後ろからから見ていたあの景色・・・今でも忘れない。
置き去りにされたHSP。成長が眩しかった。

学、お疲れさま。
本当にお疲れさま。

もう鈴鹿に行っても、もてぎに行っても会えないのかと思うと、
底知れぬ寂しさを感じます。

8耐で勝ったときに、加藤大治郎の写真を持って上がった表彰台。
今頃再会しているのかな。

速い奴の宿命と言い聞かせ、これからもずっと忘れない。

Good-Bye! まなぶ!



**************************************************
PS:本文は、筆者BGMに、
   「Joe Pasquale」のアルバム「Play」10曲目に収録された
   「DEEP IN THE NIGHT」をリピートしながら記載いたしました。

プレイプレイ
(1992/10/21)
ジョー・パスカール

商品詳細を見る

**************************************************


もっと「モータースポーツニュース」を読む→ ランキングにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。