ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]第13銭マレーシア 開幕!
2006年 09月 09日 (土) 09:49 | 編集
85
(いよいよ、アジア3連戦!マレーシアに日の丸は?)

8日(金)より、マレーシアはセパン・サーキットにて、
motoGP第13銭マレーシアGPが開幕した。

気温31度、路面温度48度と伝えられる過酷な条件下、
金曜日のフリー走行では、前戦の勢いを駆って、
ドゥカティのロリス・カピロッシがトップタイムをマーク。
唯一2分1秒台に突入し、コースレコードを叩き出している。

2番手にはホンダのダニ・ペドロサが続くが、セッション中に
転倒を喫し、右膝を負傷して、以降の出場は未定となっている模様。
(泣)

3番手には、このところ目を見張る充実振りの、ケニー・ロバーツJr
(KRホンダ)が続けば、4番手はケニーかつての同僚でBSユーザー
のジョン・ホプキンス(スズキ)となっている。

そして、何と!!!  (と書いたら失礼かも知れないが)
玉田誠(コニカミノルタ・ホンダ)が5番手
で続いている。ホンダだけでも2番手である。
ストーナー、ペドロサの直線最高速には及ばないが、これに次ぐ
速度を稼ぎ出している。

長い直線と、ハードブレーキングを得意とする玉田には、良い
セッティングを見つけてもらい、このまま良い流れで決勝まで
向かって貰いたい。

以下、ロッシ、ジベルナウ、中野、ストーナー、と続き、
ポイントリーダーのヘイデンは10位で初日を終了した。

250ccの方は、
バルベラとロレンゾの、アプリリア・サテライト組が1-2。
次いで青山博一(KTM)が続いている。
青山博一は終始セッションをリードしており、最後の最後に
逆転された形。今後の動きから目が離せません。

ホンダのトップはドヴィジオーゾ(ヒューマンゲストRT)が5位
日本人勢は、青山周一(レプソル・ホンダ)が7位、怪我から
復帰の高橋裕紀(ヒューマンゲスト・ホンダ)が9位、
関口太郎(カンペテーラ・アプリリア)は22位となっている。

さて、今日は予選だが・・・
おいおい、頼みますよ、日本テレビG+さん・・・
なして放送が決勝日当日の真っ昼間なんですか???

そんな時間に放送されたら、「やってTRY(噂の東京マガジン)」と
「パネルクイズ・アタック25」が見れないじゃないですか!(爆)

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。