ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]ブログ本来の話題
2006年 01月 18日 (水) 21:10 | 編集
80

(本日の稚内~天塩間海岸道路)

本日の画像は携帯での撮影。
稚内は寒い、猛吹雪、ありえない・・・という状況でした。

私は稚内の天気と相性が悪いようで・・・
またしても利尻富士を見ることはできませんでした。

社会人になって20年弱。
毎年稚内には数回訪問していますが、
綺麗に利尻富士を見たのはたったの1回です(T_T)

さて、何人の人がこの時期稚内を訪れたいと思うでしょうか?
もし、「今行ってみたい」と思う方は、相当北海道に
適応能力があると思います。

私? 東京に移住したいですよ。はい。 東京事務所に転勤にならんかな~

**********************************

今日は本ブログ本来の話題・・・

「ホンダユーザーの日本人が世界チャンピオンを獲得」
という話題。

改めて書き記しますと、
私は、モータースポーツ各カテゴリーで何を望んでいるか?
と申しますと、

「ホンダユーザーの日本人選手が世界の舞台でチャンピオン獲得
する瞬間」が訪れることを最大の観戦目的としております。

motoGPの各カテゴリーで、本年ホンダユーザーとなる事が決定
している選手は・・・

(125cc)
・小山知良(アジョ・モータースポーツ)

(250cc)
・青山周平(レプソル・ホンダ)
・高橋裕紀(チーム・スコット)

(motoGP)
・玉田 誠(コニカ・ミノルタ・ホンダ)

以上の4名です。

玉田について、昨年は怪我に負けたシーズンと言っても
おかしくないであろう。
ロッシには届かなくとも、正直ヘイデンやメランドリ程度の
活躍を当初より期待していただけに、私にとっても残念かつ
不満足な結果であった。
昨年の経験を生かし、「怪我せず速い」玉田を見せて欲しい。
優勝がないシーズンだけは望んでいないし、正直そんな
レベルのライダーではないと思っています。

高橋は05シーズン、世界参戦1年目と言うこともあり、
どのへんに目標があったのかはわからないが、
正直チームメイトのドヴィジオーゾとの差は歴然であった。
初コースばかりというハンデはあったと思うが、
乗り慣れたマシンで参戦の日本の250ccチャンピオンと、
ステップアップしてきた125cc世界チャンピオンとの差は
確認できた。
本音もう少し差がないかと思っていただけに残念であった
が、今年に関してはチームメイトも昨年同様ドヴィジオーゾ
で、お互い2年目のシーズン。高橋にとってもスカラーシップ
最後の年だけに、チャンピオン争いに加わる活躍を見せて
欲しいと期待する。
去年の「青山博一」の成績をもってしても、ホンダチームに
残留できないのが現実なのだから。

青山周平はホンダのスカラーシップ3期生で今年から世界の
舞台フル参戦となる。
昨年、彼のレースは、日本GPでの予選・決勝しか見ていない
が、予選の戦い振り、組み立ては見事であった。
ただ、決勝では気持ちばかりが先走って、空回りしてしまった
感じがした。
しかしもって、今年は一発勝負を求められてはいない。
レースは17戦あるのだから。
初年度の難しさはあるだろうが、私を驚かせるような良い意味
での「誤算」が見たい。

小山は昨年後半、目を見張るような成長を見せた。
正直画面だけでは計り知れなかったが、雑誌等の情報から
推測すると、他のホンダユーザーよりも劣っていたエンジン
にも関わらず、表彰台を何度となく獲得した活躍は、勝負に
対するかけひきを覚えたようだ。
この調子をさらに伸ばし、初優勝を、そしてチャンピオン争いを
見せてほしい。

今日の最後に・・・
青山博一がホンダとの契約を更新出来なかった事については
非常に残念でならない。
ホンダユーザーでは3番目ではあったが、上2台はペドロサと
ドヴィジオーゾとチャンピオン経験者である。
初優勝もこなし、十分に残留可能と私は思っていたのだが、
私の読みは甘かったであろうか?

とにもかくにも決まったこと。新天地KTMでの頑張りを見せて
欲しい。ホンダユーザーでなくとも、日本人への応援は惜しむ
つもりはない!

そして今年のホンダユーザーも心に必ず刻んで欲しい。
「青山博一以上の成績を残さないと、ホンダとは契約できない」
と言うことを。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。