ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[市販車]ホンダ国内の販売ライン
2006年 01月 14日 (土) 08:42 | 編集
78

(プリモの営業マンが持ってきたカタログです)

北海道は首都圏と交通事情が違い、車がないとなかなか
思うように動き回ることが出来ません。

札幌では、地下鉄が延長建設されるたびに利用者が
減るという妙な現象が起きています。

にわとりが先かたまごが先か・・・ではないが
いずれにせよ、「まだまだ車利用でも我慢できる
交通事情」
というのが最大の理由でしょう。

「一家の人数だけ自家用車保有」というのも北海道では
冗談ではない話だ。

かくいう我が家も例に漏れない。

メインカーのストリームは、もっぱら奥さんの足。
私はほとんど運転する機会がない。
セカンドカーの平成6年車「スズキエブリイ」が私の下駄だ。

元々学生時代から私は車を2台保有していた。
と言ってもフェラーリとBMWとかではない。

ホンダCRXとホンダアクティである。
ミニバイクレースをやっていたので、軽の1BOXは必須で
あったのだ。

それが今「ストリーム」と「エブリイ」に推移しただけである。
しかしその下駄である「エブリイ」が崩壊寸前だ。
昨年末からその状況を察したのか、プリモの営業マンが
一生懸命「バモス」「ホビオ」の営業にやってきます。
勿論こちらも冷やかしではありません。

しかしもって最大の難関は「転職3ヶ月」でローン
組めるのか?ってこと(笑)
そんな長いつきあいの営業マンから聞いた話。

ホンダは高級車ブランドとして「ACURA」店舗を
展開するとのこと。
そして第一弾が「NSX」後継車種であるスポーツ車
の発売である。

トヨタの「レクサス」戦略のまねみたいでイヤだが・・・
この販売手法に関しては賛成である。

また、現在あるチャンネル「ベルノ」「クリオ」「プリモ」
では全て「ホンダ全車種取り扱い」になる。
(ACURA車種は除く)

唯一確実な話として書けないのが、店舗名が
そのまま変わらずなのか、一括「ホンダ」になるのか
と言う点である。ごめんなさい。

北海道じゃ、新聞紙上に書かれている首都圏を中心
とした「好景気感」というものは全くありません。
地方公務員である「道庁職員の給与と人員削減」
のニュースが象徴しております。

早く北海道も自立しなくては・・・と車業界の元気さに
思ってしまう。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ055




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。