ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]FIM会長による公開手記
2015年 10月 31日 (土) 13:00 | 編集
30日の「AFP」報道にて、
FIM(国際モーターサイクリズム連盟)会長である
ビト・イッポリト(Vito Ippolito)氏の公開手記内容が
下記の通り報じられた。


r0103.jpg

引用

【10月30日 AFP】
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)の
ビト・イッポリト(Vito Ippolito)会長は、
バレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi)と
マルク・マルケス(Marc Marquez)
の確執がバイク界を「汚染した」と記した。


 25日に行われた世界ロードレース選手権(WGP 2015)
第17戦マレーシアGPのMotoGPクラス決勝で、
モビスター・ヤマハ(Movistar Yamaha)のロッシは
レプソル・ホンダ(Repsol Honda)のマルケスを
蹴ったとして非難された。この結果、ロッシは11月8日に
行われる今季最終戦のバレンシアGPで
最後尾からのスタートという処分が下された。

 総合王者を争うチームメートのホルヘ・ロレンゾ
(Jorge Lorenzo、スペイン)が母国グランプリで優勝した場合、
ロッシは2位に入らなければタイトルを
獲得することはできない。

 ロッシは、悪意のある走りでマルケスが同胞ロレンゾの
タイトル獲得の支援を企てたと口にし、自分は被害者だとしている。

 これを受けイッポリト会長は筆を執り、公開書簡で
パドックの敵対勢力同士の友好関係を訴えた。

「2015年の総合王者争いに関連して生じた最近の騒動は、
われわれの大会開催に損害を及ぼすとともに、
バイク界の雰囲気を汚染した」

「モーターサイクリングの品性の一部である
スポーツマンシップの中のプライドという伝統から、
われわれは離れていってしまっている」

「誰も彼も自身の思いを表現する権利を持っている。だがしかし、
言動には必ず結果が伴う。すべての人々はその結果に
責任を持たなくてはならない」

「ライダーにチーム、マニュファクチャラー、スポンサーは
規則を順守するだけでなく、オフィシャルの決定も
受け入れなければならない。そうでなければ、
彼らは今後のバイクレース界を無秩序にさせ、
弱体化させることになるだろう」

AFP-HPより


「蹴った」「転倒させた」かどうか・・・が主論点ではなく。
憶測の個人的見解を「事実」のように公言し、自身を正当化し、
レースの目的たる「競走」を一時的に放棄して、「他の選手に対し
牽制行為を行った」事実を問うてるというのが私の見解。

その点以外に関して、文書内の多くは同意できる物です。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
スポンサーサイト
[motoGP]ロッシ、スポーツ仲裁裁判所に告訴
2015年 10月 31日 (土) 06:30 | 編集
ヴァレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)が
2015年motoGP第17戦マレーシアGP決勝での
レース中の行為に対する、FIMスチュワードの下した判定を
不服として、スポーツ仲裁裁判所に告訴を行った。


r0101.jpg

引用

FIMスチュワードの決定を不服とし、
スポーツ仲裁裁判所に対して、ペナルティの執行停止を要求。



FIM国際モーターサイクリズム連盟は30日、
モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシが、
第17戦マレーシアGPの決勝レース後、レースディレクションと
FIMスチュワードが、14コーナーにおける他のライダーの転倒を
引き起こす接触をもたらした理由により、決定したペナルティを不服
としたことから、告訴したことを発表した。

ロッシは、国際オリンピック委員会がスポーツ界の枠内で
解決を目指すことを目的とした仲裁機関、CASスポーツ仲裁裁判所に、
ペナルティの取り消し、または軽減を請求。スポーツに関する
仲裁規定の規則37条に従って、FIMスチュワードが決定した
ペナルティの執行停止を要求した。

現在、仲裁の手続きが進行中で、ロッシの要求に応じた決定は、
遅くても2015年11月6日以降に発行されることが期待される。

motoGP公式HPより


私は古いタイプの考え方、かつ「日本人的感覚」が強いと
自覚がございますので、そこはご容赦を。

既に、2015シーズンのmotoGPクラスにおけるチャンピオン争いには
何の興味もなくしております事、過去記事記載の通りで相違なく。

自身の行った行為が、憶測かもしれない「他人の挑発」が
あったからとでもおっしゃりたいようですね。

自身の行為(ルール違反)は、自身の責任であり、
「他人によって動かされた」という言い訳が、
私は通ってはならないものだと考えております。

また、「ルール守らずして」という前提で、
「俺がこういう判定で、何故あいつは・・・」という考え方も
一切受け入れられません。

スポーツマンとして、チャンピオン獲得経験者として、
「ルールを守れない」という、常識がある方なら誰でもわかる
決定的な落ち度に、「不服」を申し立てるとは、言葉もなく。

最終戦のレースより、ロッシの処分より、
「CASスポーツ仲裁裁判所」の判定がどのようなものか、
そちらの方が、よほど興味があります。
精神論語っても仕方ありませんが、モータースポーツの枠は
「参加者全てに対して」あるのか「ロッシのため」にあるのか?
そう言っても過言ではない局面と個人的に思っています。

しかし、自分自身の過失を、最終戦で晴らす・・・
そんな心意気も失われていたとは残念です。

何位であろうと立ち向かってこそ・・・と思ってはいたのですが。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP]記憶は薄れゆくもの・・・
2015年 10月 30日 (金) 13:00 | 編集
こんな記事を見つけました。
2011年シーズンの記事ですが。

【MotoGP】悩める天才、ロッシ。派手な場外乱闘を発奮材料にできるか?

46_2011.jpg
(写真:motoGP公式HPより)

人間って、一定の年齢を重ねた後には、
なかなか変えられない部分ってありますよね。(私もそうですが。)
特に、それで地位を守ってきた手法とかは。


私、きっと忘れていたんですね。彼の本質を。
ストーナーもこうして追いやられた事も。

認められたんだな。マルク。良かったじゃない。
キツいけどさ。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP]M.マルケス ブログで「いつもの習慣に集中したい」
2015年 10月 29日 (木) 17:00 | 編集
M.マルケス、レプソルのブログを通じて、バレンシアの抱負を語り、
トレーニングに集中することを強調。


0689.jpg

引用

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは27日、
チームのタイトルスポンサー、レプソル社が運営するソージャルメディアを通じて、
前戦マレーシアGPを振り返り、次戦に向け、トレーングを中心とした
通常の習慣を取り戻したい意向を説明した。



要求が厳しい3週間だった。時差、移動の3連戦で、身体面において、
継続して限界を要求される3連戦。睡眠を取ること、気候の変化に順応することが
非常に難しい。


グランプリに関しては、日本とオーストラリアのパフォーマンスが嬉しい。
チームは良く働いてくれ、両方のトラックで高い戦闘力があった。


マレーシアは煙に包まれていた。インドネシアの火事が原因で空が見えなかった。
グランプリに集中する前には、チームのみんなと一緒にクアラルンプールに
買い物に行った。少し息抜きするには、このような遠足はいつも良いこと。


一度グランプリが始まると、100%集中して、感触は初日から良かった。
週末はとても戦闘力があり、グッドなペースで走れていた。
スペクタクロなペースで、もちろん、優勝を挙げたダニを祝福しないと。


レースで起きたことを、みんなも観ることができたと思う。
僕は言わなければいけないことを言った。今はバレンシアのことだけを考えたい。
このグランプリを楽しみ、みんなの前でナイスなレースがしたい。


今週は、ハードなトレーニングをしよう。それが一番好きなこと。
バレンシアに行く前に、弟のアレックスと一緒にトレーニングを積んで、
いつもの習慣に集中したい。それが今一番望むことなんだ。

motoGP公式HPより


いつも通り、ナイスなレースを期待しています!


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[市販車]CIVIC TYPE R 限定750台予約開始
2015年 10月 29日 (木) 06:30 | 編集
メールチェックを行っておりましたら、
本田技研からメルマガが届いておりました。

その中身は・・・

CIVIC TYPE R 国内限定750台予約受付開始!

main009.jpg

というもの。

CIVIC TYPE R 公式HPはこちら

何と、公式HPからのみ予約を受付、店舗での商談はなし。
紙媒体のカタログ等もなく、デジタルカタログでの配布。

デジタルカタログはこちら

何とも斬新な・・・しかも狭いターゲット向け戦略である。
車輌自体がこれですから、広く・多くでもないでしょうし、
間違ってない戦略。

基本スペックは、VTEC並列4気筒2000ccTURBO
・・・え?ターボエンジンなの?

228kW[310PS]、最大トルク400N・m[40.8kgf・m]
2Lエンジンで310馬力って、もう私の市販車イメージを軽く
突き抜けた世界。

貧乏人が1番気になるのが、そのお値段。
消費税込みで、4,280,000円也

消費税込みは嬉しいが、正直「シビックFF」が428万かぁ
というCVCC世代・・・
うーん、欲しいかどうか以前に、こんなお金、
我が家のどこにもありゃしませんぜ。ホンダ様。

予約受付は、10/29~11/23迄
待っていた方は、公式HPへお急ぎあれ。



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP]見え隠れする「傲り」
2015年 10月 27日 (火) 19:05 | 編集
「傲り(おごり)」

(意味) 地位・権力・財産・才能等を誇って、思い上がった振る舞いをする事

マレーシアでの出来事は、様々な見解、様々な憶測を生み出して
ものすごい数の意見がネットにアップロードされております。

私も明確に意思を示した一人です。

ロッシが「なぜそうしたか?」は憶測の世界。かつ誰も正確に断定できる
事ではありません。

事の成り行きを想像するに、私の中に行きついた単語が1つ。

「傲り」

どうも今年のモータースポーツ界、
私の中では、この単語に行き当たります。

まずは、F1のこのチーム。

RB2015.jpg

ご存知、レッドブル・レーシング(Red Bull Racing)
昨年から導入された「パワーユニット・レギュレーション」ルールの中、
パートナーであるエンジン供給メーカーのルノーに対し、
一向に戦闘力が上がってこない事のメッセージを突き付け続け、
来年の契約を残して、ルノー側から「供給打ち切り」を宣告されたのは
ご存知の方も多いでしょう。

その後、メルセデスやフェラーリと交渉を続けていると伝えられて
おりますが、今日この時点で、来年のエンジンが決まってません。

自分たちのマシン性能や、技術には自信があったのでしょう。
「エンジンさえ、良い物ならば」という思いがあったのは事実かと。

しかし、「勝てないのはエンジンのせい」まで言い続け、契約を破棄した
彼らには、「他エンジンメーカーはきっと組んでくれる」と言う
打算でもあったのでしょうか。

でもその「素晴らしいマシン」が他コンストラクターには脅威だった。
折角レッドブルが持っていない物で、優位性を保ったのに・・・
それがここまでの顛末。

レッドブルの首脳陣には誤算だったでしょう。

そして、motoGPのレジェンドであり、敬意を払われる存在の、
ヴァレンティーノ・ロッシ

VR2015.jpg

これまでも、私の見解を述べてきたが、
木曜のプレスカンファレンスの発言から、レースの中で行った行為まで、
一言で言えば、「傲り」なのかと。

当初から、「あれっ? ロッシらしくないな」という思い。

それが重い重いプレッシャーからか。
情報操作のつもりだったのか?

それは本人のみぞ知る。

しかし、発した事は「あいつがそうしたから」と言った憶測内容ばかり。

直接マルケスに確認した訳でもないだろうに
「アルゼンチンとオランダの件を根に持っている」と並び連ね・・・
どうしたんだという個人的印象。
私とは逆に、ロッシの持論に洗脳された彼のファンも多かったのでしょうか。

今でも、オーストラリア戦の決勝バトルは「近年最高のバトル」だったと
思っております。

レースコントロールできるほど、一貫してレース中のマシンの状態が
一定でもないでしょうし、それ以前そんな余裕のある展開だったかと言う思い。
「毎周回ファステストで走れ」なんて出来る訳もなく。

そしてセパンでのレース7周目に至る、マルケスとロッシのバトル。

レースは毎レースごと、それぞれの選手・チームにとって目標や
優勝を目指す権利があります。
その「毎レース」18戦の結果、年間チャンピオンが決まるのであって、
「チャンピオン獲得権利のないライダーはどけろ!」などと言う権利は
誰にもありません。

たとえ、マルケスが転倒しなかったとしても、ロッシがレース中に行った
意思表示、その行為は、決して責任が軽くなる物ではない。



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP]セパンでの出来事・各人の見解(2)
2015年 10月 26日 (月) 11:51 | 編集
◆当事者1 ヴァレンティーノ・ロッシの見解

R0071.jpg

引用


マルケスの接触転倒と最後尾からスタートすることになった
ペナルティに関して、メディアスクラムで私見を説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、
レースディレクションの公聴会に出席し、3ポイントのペナルティを
科せられた後、メディアスクラムに姿を見せ、次のように説明した。


マルク・マルケスは、蹴りを入れられたと発言した。
そうではない。マルケスは、それが本当のことではないと分かっている。
特にヘリコプターからの映像で明白に確認できる。
僕は転んで欲しくなかった。タイムロスをさせたかっただけ。
走行ラインを外して欲しかった。オーストラリアの時よりも酷かった。
彼はダティーなゲームをしたね?僕はワイド、ワイドに行き、減速して、
ほとんど止まりそうだった。彼を見て、『フxxク、何やってんだ?』と言った。

その後に僕たちは接触。彼のハンドルが僕の左脚に接触して、
フットペグから足が外れてしまった。ヘリコプターの映像を見れば、
それがハッキリする。フットペグから足が外れたときには、
彼は既に転んでいた。蹴りを入れようとしていない。
それに、MotoGPマシンに蹴りを入れたところで、倒れない。非常に重いから。
だけど、不運にも僕たちは接触した。彼は旋回しようとし、僕はワイドに行った。
彼のハンドルが左脚に感じ、フッチペグから足が外れた。それが起こったことだ。


ペナルティに関しては?
正当ではない。これでは、マルケスが闘いに勝ったようだ!
僕がチャンピオンシップを失うことだから、彼の計画はそれでOK。
特にペナルティは良くない。僕は意図的に彼の転ばせたくなかった。
彼の行動に反応しただけ。蹴りを入れていない。転んで欲しくなかった。
僕にとって不正なこと。ホルヘとタイトルを争いたいだけ。
ベターな方が勝つ。これで、そのことが起こらなくなってしまう。


後悔していることは?
分からない。転んで欲しくなかったけど、何かしなければいけなかった。
あの瞬間、ホルヘは行ってしまったけど、僕は全てを言った。


チャンピオンシップは終わってしまったか?
終わっていないけど、この裁定で僕の足が切られ、マルケスが勝った。


motoGP公式HPより



◆当事者2 マルク・マルケスの見解

R0070.jpg

引用

レースディレクションの公聴会に出席した後、接触転倒を振り返った。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第17戦マレーシアGP
の決勝レースで、3位争い中の7ラップ目にバレンティーノ・ロッシと
接触した際に転倒リタイア。レースディレクションの公聴会に出席した後、
メディアスクラムに姿を見せ、次のように説明した。


転んだ瞬間、何を考えたか?
最初に考えたのは、バイクを起こして、レースを続けること。
ラスト2戦の目標は、完走して可能であれば表彰台を獲得することだったけど、
フットペグが破損していたから、ボックスに戻った。彼はレースを続けた。


転ばすことを考えた意図的な行為だったと思うか?
僕はバイクの上でそのようなことを考えることができない。
蹴りが見えた。2度振り返って、僕の位置を完璧に把握し、
蹴りを入れた。映像でハッキリと見える。
大きな危険性がある行為だった。
このスポーツは生命を賭ける。リスクがある。レースアクシデント、
接触など最終的には理解できることけど、レース中に蹴りを入れる行為が
頭に浮かばない。サッカーならレッドカード。ここでは3ポイントのペナルティだ。


ロッシに対するペナルティは相応しいだろうか?
これ以上関わりたくない。レースディレクションの決定に条件を訴えたくない。
彼らは多くのレースを観ているけど、このようなアクションは
一度も観たことがないかもしれないし、僅かな回数かもしれない。
最終的に決定を下すのは彼ら。


ロッシは何を言われたのか?
あまりナイスなことではなかった。言われたことをできれば言いたくない。


カレル・ハニカは他者に蹴りを入れたことを認めて、
5ポイントのペナルティを科せられたけど、ロッシは認めなかった。

当然そのことを認めないけど、ビデオがある。幸運にも何も逃さない。
2度振り返ったことも、蹴りを入れたことも見逃さなかった。
僕としては、アグレッシブ。バレンシアで最後尾がスタートするけど、
3ラップで4番手に進出できる。


ロレンソは、ロッシがチャンピオンになれば、
正当なタイトル獲得者ではない、と発言した。

今年の活躍はチャンピオンに相応しい。そのことは明白だけど、
このアクションの後では相応しくない。
ボックスに戻ったとき、レースを録画するように頼んだ。
ハッキリ見た。蹴りが入り、不運にもフロントグレーキがブロックして、
転んでしまった。体調は大丈夫。低速だったけど、転んでしまった。


ここから何が変わるだろうか?
僕の考え方は同じ。モーターサイクルを愛する。
バレンシアに臨む考え方も同じだけど、バレンティーノとの関係は少し変わるだろう。


ホンダはさらに厳しい制裁を適応するように
レースディレクションに働きかけるべきだったと思うか?

ホンダは正しいプロセスを行い、自分のライダーが転ばされたから、
レースディレクションにクレームした。
僕にペナルティが科せられなかったから、これ以上要求することはできない。


ものごとを好転させるために、ロッシと話し合いをするつもりか?
彼はプロフェショナル。過去のことにするだろうけど、時間がかかるだろう。
僕はバレンシアで自分のレースがしたい。シーズンを終わらせ、
タイトル争いに向けて、来シーズンの準備は始めたい。

motoGP公式HPより


◆私感ではあるが、「ロッシが蹴りを入れたかどうか」については、
 マルケスの発言を全面容認するつもりはない。私には「蹴った」と言い切れる
 映像には見えないので。

◆「チャンピオンシップ争い」は「レースの延長線上」に存在するもの。
 その争いに無関係な選手に対し、1選手が
 「チャンピオンシップ権のない者はどいてろ!」
 というような趣旨、考えを押し通すことには納得しかねる。

◆何故ロッシは「イアンノーネ」は擁護し、「マルケス」を攻撃するのか?
 いずれにせよ、ロッシの発言には一貫性が感じられず、
 プレスカンファレンスの発言全文も「マルケスが邪魔したとしたら」という
 結論前提から材料を組み上げられたように私は感じ取っている。
 「彼の計画・・・」って発言もどうなんですかね?



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP]セパンでの出来事・各人の見解(1)
2015年 10月 26日 (月) 08:08 | 編集
◆ レースディレクションの見解(抜粋)

レースディレクターのマイク・ウェッブはロッシへの裁定を、
下記のように説明。

R0068.jpg

引用

レースディレクションは、バレンティーノ・ロッシに対して、意図的に接触する
無責任な走行により、3ポイントのペナルティを科しました。
彼はコーナーにおいて、(マルク・マルケスを)走行ラインから
強制的に押し出す目的で意図的にワイドに走りました。
その結果、転倒が発生しました。転倒を引き起こした無責任
な走行であり、我々はロッシに3ポイントのペナルティを科しました。

motoGP公式HPより



◆モビスター・ヤマハ代表 リン・ジャービスの見解

R0069.jpg

引用

今日起きたこと、トラックでのアクシデントは、バレンティーノ・ロッシと
マルク・マルケスとの間で激しい競争の2レースがもたらした結果でした。
フィリップアイランドのレースは、マルクがレースをコントロールしようと試み、
チャンピオンシップの結果に影響を与えようとしたことを、
先日バレンティーノが告発したことが関係しています。バレンティーノが
メディアに発言したことに対するマルクのリベンジを今日観ました。

(中略)

彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではないことから、
チームとして、レースディレクションの決定をFIMに控訴しました。

motoGP公式HPより


残されたのは映像だけ。
お互いの立場を前面に出せば、見解が異なるのは当然。
実際にライダーが、何を考え、優勝以外の事を考えていたかどうかを
正確に判断するのはもはや不可能。

ただ、私の私見と異なる箇所をあえて書くならば、

「彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではない」
「バレンティーノがメディアに発言したことに対するマルクのリベンジ」


ということではない。
多くの方が、プレスカンファレンスの発言や、彼が行った行動の映像
これを見て「正しい」とは到底受け入れがたく。

ロッシが述べる、オーストラリアにおける「マルケスの意図的な
レースコントロール」との主張は、昨年セパンのmoto3クラスで行われた、
ミラーとアレックス・マルケスの間に起こった「特定の人物」に対する
意図的な操作のように明確なものなのだろうか?

マルケスはレースを失い、ポイントを失った。
レースの目的を一時的に放棄し、
レース中に個人攻撃をするロッシの行動の末に。

ロッシのその行動を、どんな理由を彼が語ったとしても、
肯定される判断があるとするならば、逆に驚愕だ。


(筆者追記)
「彼は他のライダーたちに問題を引き起こすライダーではない」
=「マルケスがだけターゲットだったため」とでも読み替えろと言う事
なのでしょうか?
何にせよ釈然としない発言です。



もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。