ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP]RC212Vの苦戦は続くのか?
2007年 06月 25日 (月) 22:04 | 編集
97
(恵みの雨も味方にできず・・・)

RC212Vは、ワークス、サテライトを問わず、
特定のライダーだけ運転しやすくという事もなく・・・

ここまでの結果だけで判断するに、そう言い切っても過言ではない

ロッシの言葉を借りると、
「今年の強敵は、ケーシーとダニさ」
とのことだが・・・実際にそのダニは未だ優勝がない。

ポールを獲得した、「地の利」があるカタルニアですら、1度たりとも
トップを走行することなく終わっている。

ロッシからご指名すらされなかった、ニッキーやサテライト陣は
さらに事は深刻である。

比較的、「ライダーの能力がポテンシャルを支配する」と言われている
2輪レースではあるが、今年の状況を見ると、なかなかそうも言い切れない
状況である。

と言って、では「ストーナーはマシン頼みか?」と自問自答するに、
これも「ノー」である。

カタルニアでのドライコンディションにおけるロッシとのバトルを見るに、
「既にマシン差」とは言い切れない。
逆にカピロッシが予想外とも言える有様だけに
ストーナーの実力や、フロックではないであろう。


他陣営、特にホンダにとっては「恵みの雨」となるはずであった
ドニントンでは、その味方すら力に変えることが出来ずに、
結果またもや「ストーナー&ドカ優勝」と同時に、
ホンダの8戦連続優勝無しの歴史的ワースト記録達成となった。

本田技研工業のHP内にある、石井HRC総監督のレポートにも
書き記されているが、RC212Vはフロントが切れ込むような特性が
非常にライダー達を苦しめている事が伺える。

現に今回のニッキー転倒や、中野真矢のこれまでにおける転倒の
ほとんどがフロントからの切れ込むスリップ・ダウンである。

新型パーツの投入は続いているが、既にシーズンも半ばを迎え、
未だ優勝すら見えない状況に、半ば諦め感すら漂う。
イギリスにおけるニッキーの悲壮なまでの走行続行は、正直
「すまない」と理由なく口を突く私の言葉であった。

このままRC212Vは歴史的駄作となってしまうのであろうか?
ダメな物はダメと捨てられるなら、こんな簡単なことはないであろう。
そこまでは求めないし、求められない。が、しかし・・・
ホンダの底力を今後少しでも示して欲しい物である。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ ランキングにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



スポンサーサイト
[motoGP]第8戦イギリスGP決勝結果
2007年 06月 25日 (月) 00:22 | 編集
[motoGPクラス]
雨でもストーナー優勝!今季5勝目
96

1位 C・ストーナー(ドゥカティ)51'40.739
2位 C・エドワーズ(ヤマハ)51'52.507
3位 C・バーミューレン(スズキ)51'56.417
4位 V・ロッシ(ヤマハ)52'02.566
5位 J・ホプキンス(スズキ)52'16.257
6位 R・ド・プニエ(カワサキ)52'17.213
7位 A・バロス(ドゥカティ)
8位 D・ペドロサ(ホンダ)
9位 A・ホフマン(ドゥカティ)
10位 M・メランドリ(ホンダ)
11位 A・ウエスト(カワサキ)
12位 T・エリアス(ホンダ)
13位 K・ロバーツ(KRホンダ)
14位 中野真矢(ホンダ)
15位 玉田誠(ヤマハ)
16位 S・ギュントーリ(ヤマハ)
17位 N・ヘイデン(ホンダ)
R  L・カピロッシ(ドゥカティ)
R  C・チェカ(ホンダ)

[250ccクラス]
A・ドヴィツィオーゾ今季2勝目!ロレンゾは転倒ノーポイント
青山博一3位今季初表彰台、4位高橋、5位青山周平と日本勢大活躍
95

1位 A・ドヴィツィオーゾ(ホンダ)48'40.173
2位 A・デ・アンジェリス(アプリリア)49'02.275
3位 青山博一(KTM)49'43.310
4位 高橋裕紀(ホンダ)49'43.543
5位 青山周平(ホンダ)50'05.442
6位 M・カーリョ(KTM)50'47.506

[125ccクラス]
パッシーニ独走で今季初優勝、小山2位獲得!
ポイントリーダーのタルマクシはマシントラブルでノーポイント
94

1位 M・パッシーニ(アプリリア)41'49.049
2位 小山知良(KTM)41'52.302
3位 H・ファウベル(アプリリア)41'54.143
4位 S・ガデア(アプリリア)41'55.830
5位 J・オリベ(アプリリア)41'56.261
6位 M・ディメジオ(ホンダ)41'56.384

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ ランキングにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



[motoGP]イギリスGP、初日はまたも雨
2007年 06月 23日 (土) 16:31 | 編集
93
(初日1-2のレプソル・ホンダ勢)

motoGP第8戦イギリスGPは22日
ドニントン・パーク・サーキットで開幕

先日のWSBシルバーストーンラウンド同様、またもイギリスは
雨の開幕となった。

この雨の中行われたフリー・セッションでV・ロッシ(ヤマハ)
は転倒を喫し、10番手タイムで早々にセッションを切り上げた。

初日トップタイムはD・ペドロサ(ホンダ)
これにチームメイトのN・ヘイデン(ホンダ)が続き、
以下、バーミューレン(スズキ)、エドワーズ(ヤマハ)と
なっている。

昨日お伝えした、新たなるカワサキのレギュラーライダー
A・ウエストは早速得意の雨もあり5番手と上々の滑り出し。

公式予選が行われる23日現地の天気予報は曇り時々雨という
微妙な状況が報じられており、天気も大きく順位に影響を及ぼしそうな
情勢であり、各チームの総力戦となりそうだ。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ ランキングにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



[motoGP]カワサキ、ジャックに替わりウエストを起用
2007年 06月 22日 (金) 09:24 | 編集
91
(カワサキは次戦よりウエストを抜擢)

21日のmotoGP公式HPの報道によりますと、
カワサキ・レーシング・チームはレギュラーライダーの
オリビエ・ジャック(フランス)に替わり、次戦イギリスGPより
アンソニー・ウェスト(オーストラリア)を起用する。

アンソニーは今年これまで、ワールド・スーパー・スポーツ
(市販車600cc使用)にYamaha World SSP Racing Teamシチリアより途中参戦し、
これまで3戦2回優勝という好成績を残していた。
それ以前の2007年度は、motoGP250ccクラスに参戦していたが、
好リザルトが残せず、WSSに新天地を求めた形の移籍であったが、
結果ステップ・アップという形でmotoGPファミリーに加わる事となった。

これに伴い、これまでのレギュラーライダーであるO・ジャックは
テストライダー契約となる事も発表された。

A・ウェストはオーストラリア出身の25歳。
古くは宇川徹のチームメイトとしてホンダの250ccクラスに参戦しており
「雨のウエスト」としても有名なほど、レインコンディションでの成績が
素晴らしい事でも有名。
事実WSS移籍最初のドニントン・ラウンドでは大雨のレースで優勝を飾っている。

尚、アンソニーのゼッケンは13となる見込み。

事実上交代通告となったこの事態であるが、ジャックに関しては
本人のコメントとして「身体的にも精神的にもmotoGPを戦う状態ではない」
との事からも双方納得の結論と思われる。
また、この背景には、カワサキのテストライダーである松戸直樹の負傷による
開発ワーク離脱という問題も影響したであろう。

この決断が良い方向に向くことを期待しています。

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ ランキングにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



[motoGP]日本GPのチケット発売!
2007年 06月 21日 (木) 20:36 | 編集
051
(早くもチケット発売だ!)

昨日、「WRCラリージャパンのチケット先行発売開始」の情報を
お届けしたばかりでしたが、本日も国内イベントチケット発売速報を
お届けいたします。

今週末の土曜日(23日)より
2007motoGP第15戦A-Style日本GPの観戦チケットが発売開始
となります。

8耐もまだ終了しておりませんので、多くの方は「まだまだ先だろ?」
って思っておられた方も多いかと思いますが、いえいえ、間違いなく、
今週土曜日の発売開始です。
行こうと思っていた方は、要チェックです!

 ◆ツインリンク・もてぎ公式HP◆

もてぎは私も4回ほど足を運んでおります。昨年は予選だけでしたが
GP観戦を果たしておりますので、現場の事情は比較的
理解している方かと思います。

私なりに思うのは、「交通手段の確保と、ピットウォーク、パドック・
パスの確保」ではないでしょうか。

「折角行くならば、やはり間近で」と思うのは誰もが同じ考え。
そして私は去年、1番むっとしたのが、現地までの交通手段のチープさ
でした。

宇都宮までJRで行き、そこからが何と・・・・路線バスを利用した
普通のワンマンバスしか出ていないんです。
これは正直、公共交通機関を使うな・・・・と暗に言っているような
ものでした。

あんな田舎の山中にあるのに、何故???

幸運なことに座れた私たちはまだ幸せでした。
立っている人は、それは辛かったと思います。
あのバスに乗ったなら、二度ともてぎへは公共交通機関でいくものか!

誰もがそう思ったはずです。

だから「駐車場のチケットは確保しましょう!」
というのが私のトラウマです。

今年は改善されることを望みますが、最悪の事態を考えて、
決して公共交通機関でもてぎまで行こうなどとは考えない方が
賢明かと思います。

さて、私はチケット・・・どうしようかな・・・

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



[WRC]ラリージャパン、チケット先行発売開始
2007年 06月 21日 (木) 00:19 | 編集
90
(観戦準備は進んでおりますか?)

北海道で開催されるビッグ・イベントと言えば、
WRC 世界ラリー選手権 第14戦ラリージャパン
でしょう

この北海道で、飛行機やフェリーを使わずにして、目の前で、
世界選手権が見れてしまうのですから、行かないという選択肢は
この私にはありません。

今年は、昨年と比較して、開催日が2ヶ月後送りされた、
10月25日~28日が開催日。
従って、こちらの準備もまだ具体化していないのですが、
本日、ラリージャパン・公式HPをのぞいたところ、
7月1日の一般発売を前に、6月22日より一部入場チケットの
先行発売が実施される公式リリースを発見いたしました。

 ◆ラリージャパン公式HP◆

一部先行発売のチケットには、大人気の観戦スポットである
「陸別」のチケットも含まれております。

書いている私は、2年目から「有料観戦区間」は一切入らずの
沿道+サービスパークのみの観戦と決めておりますので、
このニュースもせかされるようなテンションにはなっていないのですが
「全速で走っているWRCカー」を見たい貴方は、要チェックです!

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ055




[motoGP]Teamロバーツは次戦、カーティスのみ参戦
2007年 06月 20日 (水) 12:57 | 編集
89
(ホンダの秘蔵っ子レイは8耐へ集中か)

motoGP公式HPが19日伝えた情報によると
ホンダエンジン・ユーザー・チームであるチーム・ロバーツは
次戦ドニントンで開催されるイギリスGPにはカーティス・ロバーツ
1名の参戦となる事を発表した。

これにより、連日当ブログにてご紹介しているHRCの秘蔵っ子
ジョナサン・レイ(イギリス:写真中央)のmotoGP参戦は白紙に戻された

尚、レギュラーライダーのケニー・ロバーツ・Jrは第11戦の
アメリカGPより復帰の見込みであることも併せて発表された

このブログでも、今回のチーム・ロバーツからのレイ参戦報道
に関しては、「HRCの意向が強いのでは?」と勝手な憶測を
書かせて頂いたが、鈴鹿300km優勝、そして本来のカテゴリー
であるBSBでの初優勝と、状況が一気に変わり、HRCとしても
「8耐の重要なラインナップ」として、そして本来のカテゴリーでの
実績重視思考が見えており、まんざら私の憶測もはずれていないような
気はしております。

何にせよ、当ブログ期待のレイから目が離せません

もっと「モータースポーツニュース」を読む→ にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055



[BSB]ホンダ期待のJ・レイ初優勝!
2007年 06月 19日 (火) 19:11 | 編集
88
(このブログでも注目のJ・レイ初優勝)

BSB英国スーパーバイク選手権第6戦モンデロパーク・ラウンドは
6月17日に開催された。

金曜、土曜と雨天が続き、各陣営セットアップに悩まされたが、
土曜のセッションで、ホンダワークスのHM Plant Honda Racing
ジョナサン・レイがPP獲得。同チームの清成龍一が2位と、
上々の滑り出し。

日曜の決勝は一転快晴の天候
第1ヒートはポールから、レイがホールショットを奪うも、
L・ハスラム(ドゥカティ)に先行を許す展開。

レイはその後、S・バーン(ホンダ)、G・ラビッラ(ドゥカティ)
にも抜かれ、結局4位フィニッシュ。
一方の清成はグリップが思うように得られない状況での5位
フィニッシュに終わり、第1ヒート優勝はL・ハスラムであった。

第2ヒートは、またもレイがロケットスタートを決めホールショット
4周目に転倒があり、ペースカーが入る混乱状況の中、一気に差が詰まり
再スタート時には、レイ、ハスラム、バーンの三つ巴でレースは展開

しかし最終的にバーンとレイの2人が抜けだし一騎打ち
ニューラップレコードを刻みながら、13週目にバーンを抜き去った
レイが結果抜けだし、BSB初優勝を飾った

数日前も書き記したが、ホンダのジョナサン・レイ・・・
これはもしかすると相当な器かも知れません。
次週はいよいよ、motoGPへチーム・ロバーツからデビューです。

清成はマシンセッティングが決まらない物の、5位を死守し、
ポイントリーダーの座を守った。

次戦、イギリススーパーバイク選手権第7戦は7/1(日)
ノックヒル・レーシング・サーキットで開催されます

*******************************
【リザルト】
[レース1]
1位 L.ハスラム(ドゥカティ) 30:02.146
2位 S.バーン(Honda) +0.158
3位 G.ラビッラ(ドゥカティ) +3.491
4位 J・レイ(HM Plant Honda Racing) +9.793
5位 清成龍一(HM Plant Honda Racing) +14.786
6位 K.ハリス(Honda) +18.354
7位 L.キャミア(Honda) +18.443
11位 C.マーティン(Honda) +53.854
19位 T.パルマー(Honda) +1:31.386
20位 B.マコーマック(Honda) +1:33.332
21位 T.タンストール(Honda) +1:40.080
23位 J.バッキンガム(Honda) +1Lap
RT  T.サイクス(Honda) +12Laps

[レース2]
1位 J・レイ(HM Plant Honda Racing) 30:14.164
2位 S.バーン(Honda) +2.344
3位 G.ラビッラ(ドゥカティ) +2.460
4位 L.ハスラム(ドゥカティ) +3.231
5位 清成龍一(HM Plant Honda Racing) +8.121
6位 L.キャミア(Honda) +13.898
7位 T.サイクス(Honda) +14.354
8位 K.ハリス(Honda) +21.447
15位 T.パルマー(Honda) +56.310
18位 B.マコーマック(Honda) +1:16.509
20位 T.タンストール(Honda) +1:20.995
21位 J.バッキンガム(Honda) +1:27.602
RT  C.マーティン(Honda) +1Lap

****************************
【ポイントスタンディング】
第6戦終了時

1位 清成龍一(HM Plant Honda Racing) 212pt
2位 G.ラビッラ(ドゥカティ) 211pt
3位 J・レイ(HM Plant Honda Racing)187pt
4位 L.ハスラム(ドゥカティ) 169pt
5位 L.キャミア(Honda) 136pt
6位 S.バーン(Honda) 127pt
7位 T.サイクス(Honda) 115pt
10位 K.ハリス(Honda) 65pt
20位 C.マーティン(Honda) 8pt
23位 C.ドナルド(Honda) 2pt
24位 G.マーティン(Honda) 2pt
27位 T.パルマー(Honda) 1pt

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




[F1]第7戦アメリカGP決勝速報
2007年 06月 18日 (月) 06:29 | 編集
ハミルトン2連勝!北米2連戦制圧!
マクラーレン1-2達成!
ホンダ勢は、デヴィッドソンの11位、バトン12位完走

1位 L.ハミルトン(マクラーレン)
2位 F.アロンソ(マクラーレン)
3位 F.マッサ(フェラーリ)
4位 K.ライコネン(フェラーリ)
5位 H.コバライネン(ルノー)
6位 J.トゥルーリ(トヨタ)
7位 M.ウェーバー(レッドブル)
8位 S.ベッテル(BMWザウバー)
9位 G.フィジケラ(ルノー)
10位 A.ブルツ(ウイリアムズ)
11位 A.デイビッドソン(スーパーアグリ)
12位 J.バトン(ホンダ)
13位 S.スピード(トロロッソ)
14位 A.スーティル(スパイカー)
15位 C.アルバース(スパイカー)
16位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
17位 V.リウッツィ(トロロッソ)
R N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
R 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
R D.クルサード(レッドブル)
R R.バリチェロ(ホンダ)
R R.シューマッハ(トヨタ)

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ055




[motoGP]チーム・ロバーツ、ジョナサン・レイ抜擢!
2007年 06月 16日 (土) 23:46 | 編集
76

(Team KRは有能な新人を大抜擢)

昨年の大活躍とは一転し、ホンダワークスやサテライトと同様
ホンダ・エンジン・ユーザーのチーム・ロバーツも今季の成績は
低迷を続けている。

これは、800ccエンジン搭載用に新開発された車体の操縦感が
トラクションや旋回性を含めて、ライダーにとって操縦しやすい
特性まで到達していない状況が伺える。

この問題を解消するべく、第6戦イタリアGPよりエントリーを
2台体制とし、開発速度を速める効果を狙い、カーティス・ロバーツ
を登用して参戦を続けてきた。

16日のmotoGP Officialサイトが報じたところによりますと、
次戦第8戦イギリスGPでは、カーティスに替わり、先週鈴鹿にて
鈴鹿8耐の前哨戦として開催されている「鈴鹿300km」で
清成龍一とペアを組み、見事優勝を果たした若干19歳の
ジョナサン・レイ(イギリス)を出場させると報じた。

ジョナサン・レイは今年19歳
幼い頃からモトクロスレースで経験を積み、'03年にロードレースへ
転向。当初はイギリス選手権125ccクラスに出場していたが、
翌年からブリティッシュ・スーパーバイク選手権へとステップアップ
'04年はケガにより苦戦を強いられたが、'05年は16位、
'06年は4位とランキング上位躍進を果たしている。
'07年はHM・プラント・ホンダ・レーシングチームへと移籍、
昨年のチャンピオンである清成龍一のチームへ加入。ワークスHRC
仕様のCBR1000RRをライディングしているイギリス期待の1人である。

この経歴からも、レイの抜擢には、HRCとTeamロバーツとの綿密な
協議が持たれた上での抜擢が行われた事が伺われる。

鈴鹿300kmでの優勝もあり、8耐への参戦も期待されるが、
その前にmotoGPでの経験を積ませたいというホンダ側の意向が
強かったのでは想像に容易い

結果はともかく、先に繋がる走りを是非見たい

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




[ル・マン]今週末はル・マン24時間耐久レース
2007年 06月 15日 (金) 17:59 | 編集
74

(トップはS・サラザン組のプジョー8号車)

伝統の世界3大レースと言えば、 インディ500、F1モナコGP、そしてル・マン24時間耐久
と言われております。

その伝統の一戦、「第75回ル・マン24時間耐久レース」の決勝が
この週末に、ル・マン・サルテ・サーキットにて開催される。

そしてその最終予選結果が決定した。 雨のコンディションの中、ポールポジションは、
8号車・プジョー908のP.ラミー/S.サラザン/S.ブルデー組。
2位には2号車・アウディR10のR.カペッロ/T.クリステンセン/
A.マクニッシュ組が続いている。
おおかたの予想通りプジョーとアウディが5位グリッドまでを占めた。

注目は・・・
75

伝統の3大レース完全制覇を目指す、元F1チャンピオンの
J・ヴィルヌーブの参戦である。

ジャックが参戦する7号車・プジョー908のM.ジェネ/N.ミナシアン/
J.ビルヌーブ組は予選3番手と上々の滑り出し。
歴史的な3大レース制覇の瞬間を目にする可能性は十分だ。

昨年はWRC(世界ラリー選手権)の世界チャンピオン
S・ローブの参戦があり、カテゴリーの壁がなくなりつつある
モータースポーツ界であるが、今年のポールポジションも、一昨年まで
WRCのスバル・ワールド・ラリーチームのドライバーであった
S・サラザンの参戦チームである。
元F1ドライバーで、かつWRCドライバーであったという異色の
経歴を持つサラザン。
ここでの成功はあるのか、興味深いところである。

日本勢は、元F1レーサーの中野信二が参加するクリエイションCA07/
ジャッド 9号車が予選10位と健闘。
童夢S101-5/MADERの29号車、R.ロングシャ/山岸大/寺田陽次郎組は
トップから125%以内という予選カットラインを30秒以上オーバーの時計
しか出せておらず、決勝出走は厳しい状況。

F1だけでなく、各方面からの経験を生かした経歴を持つ強者が集まった
今年のル・マン24時間。
決勝は明日16日(土)日本時間の23時スタートだ。

モータースポーツファンならば、ル・マンの決勝結果を確認の上、
F1アメリカGPを観戦すべし!(*^ヮ')b



Le Mans NOSTALGIA 6 レジェンドオブマツダ 1991ルマン/ロータリーパワーの軌跡
もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ055




[motoGP]ストーナー、来期の契約を終える
2007年 06月 14日 (木) 17:56 | 編集
73

(早くもストーナー、来期契約完了!)

motoGPクラス、今季ここまでのポイントリーダーである
ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)が、2008年の
ライダー契約をドゥカティと交わしたと、マネージャーである
実父:コーリン・ストーナー氏が語った。

これは、オーストラリアのTV局「FOX」のインタビュー
に答える形で発表された。
(motoGP Official Siteニュースより)

今季、ドゥカティのマシンは、圧倒的なストレート・スピードを
誇り、新加入のストーナーが非常に上手くこのマシンを乗りこなし
既に4勝を挙げてポイントリーダーに立っている。
双方ともに、この契約延長の弊害になっているものは何もないと
考えるのは誰の目からも明らかである。

また、他チームも、ストーナーに関しての評価は急上昇しており
金などの事で長引かないように、まずはストーナーを確保することを
最優先とした状況が伺える。

一番痛かったのは、ストーナーを手放した「ホンダ」と言う気が
するのは、私だけだろうか?

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




[日記]本日復活します
2007年 06月 13日 (水) 12:25 | 編集
大変ご無沙汰申し上げておりました。

長きに渡っておつきあい頂いている方は、例によって
「冬眠だなぁ」と思われる事態ではあったのですが、
とにもかくにも・・・

本日復活宣言致します!

連絡事項をいくつかお伝え致します。

1)モバイルサイトの追加開設を行いました
  こちら、基本的には関連レースのリザルト速報を中心として、
  皆様には出来得る限りの速報をお届けする内容となっております。
  おなじみの「辛口コラム」も健在です(笑)
  両方読むと2倍燃える!
  お出かけ先でも是非「ホンダとつかむ夢」をよろしくお願い致します。

2)旧メインサイトの閉鎖について
  これまで長らくメインブログとして使用させて頂いておりました
  「アメブロ」ですが、使用者である私と、提供者の目指す場所が
  違う事が決定的になりました故、以降は本ブログがメインブログ
  となる事を明記致します。
  尚、記事の移動が完了次第、旧ブログは閉鎖致します。
  ご了承願います。

3)潜伏中に・・・
  買っちゃいました(^_^;)

068


今後とも、当ブログ「ホンダとつかむ夢」をよろしくお願いします!

もっと「モータースポーツニュース」を読む→にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ055




copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。