ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog-
ホンダエンジンで世界制覇を!ホンダバカ男が送る戯言記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[motoGP] 2016年・ホンダ2輪カレンダー到着
2015年 12月 23日 (水) 13:00 | 編集
今年も残すところ、あと数日となりました。

お車購入から、メンテナンスまで、
2台のホンダ車でお世話になっている、ホンダ・カーズさんから
2輪ロードレースのカレンダーを頂きました。

r0221.jpg

当然と言えば当然。
今年もマルケスが表紙です。

r0222.jpg

9-10月にもきっちりとマルケスの勇姿が。
ちょうど来年の日本GPあたりでしょうかね。

さてと・・・どこに貼りましょうか・・・

r0217.jpg

みゅ、みゅ、みゅ~・・・

r0218.jpg

もう貼る場所が・・・正直・・・ない。

どうしようか・・・

仕方ないなぁ・・・・・・・

r0220.jpg

う~ん・・・ちょっと・・・これは・・・(笑)
私の中では、リスペクトも失せ果てたので。

r0223.jpg

ここに貼らせて頂くことにしました(^^♪

私にとっても、この方の恥ずべき行動は、2015年を象徴する出来事でした。

「敵は自らの中にあり。口は災いの元。」

2016年、自身の中で反復する言葉として受け止めます。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
スポンサーサイト
[motoGP] ヘレス プライベートテスト1日目
2015年 11月 26日 (木) 12:30 | 編集
4チームがヘレス・サーキットでテストを開始。


20151126.jpg

引用

マルケス、ペドロサ、バウティスタ、ブラドル、
エルナンデェス、ラバティがヘレス・サーキットでテストを開始。

レプソル・ホンダ、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ、
アスパル・チームは25日、第4戦スペインGPの開催地、
ヘレス・サーキットで3日間のプライベートテストを開始。
好天候に恵まれた中、2016年に施行される技術規定に
適応するためにデータ収集に着手した。

マルク・マルケスとダニ・ペドロサは、2週間のオフィシャルテストで
初投入したニューエンジンを積んだ2016年型のプロトタイプマシンに
乗り込み、共通ソフトウェアとミシュランタイヤのテストを実施。
HRCから招集されたテストライダーの青山博一は、共通ソフトウェアと
ミシュランタイヤのデータ収集を開始すれば、高橋巧は当地での走行が
初めてということで、レイアウトを理解することから始めた。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、アルバロ・バウティスタと
ステファン・ブラドルが、テストライダーのマイク・ディ・メッリオの
サポートを受け、オフィシャルテストを継続するように、
2015年型のRS-GPにミシュランタイヤを装着、ソフトウェアを搭載して、
テストプログラムを再開。

ドゥカティ勢は、アスパル・チームのユニー・エルナンデェスと
ユージン・ラバティ、テストチームのミケーレ・ピロが走行。
ラバティがデスモセディチGP14.2に初めて乗り込めば、
オクト・プラマック・レーシング、アビンティア・レーシングは、
明日からテストを開始する。

motoGP公式HPより


12/1からのテスト禁止目前、
おそらくこれが年内最後のテストであろう、スペインのヘレスで
3日間に渡るプライベートテストが始まった。

HRC勢は、マルク、ダニに加え、青山、高橋巧のテストライダーも
一同に会し、データ収集に努めた模様。

報道によれば、2016年型のニューエンジン、共通ソフトウェア、
ミシュランタイヤの3点に集中した情報収集が目的との事。

限りなく「リセット・2015年型」とも言える変更点に、
時間を惜しんでの大量メンバーによる走行となっているようです。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
[motoGP] ドゥカティ、ストーナーとテストライダー契約
2015年 11月 24日 (火) 06:30 | 編集
2007、2011と2度のmotoGPチャンピオンで
本年までHRCとのテストライダー契約の下にあった
ケーシー・ストーナーが、2016年ドゥカティとの
テストライダー契約を結んだとの発表がmotoGP公式HP
にて報道となった。



KS001.jpg

引用

レジェンドライダー、ストーナーが古巣ドゥカティの
ブランドアンバサダーとテストライダーに就任。
HRCは23日、元王者ケーシー・ストーナーとの間で、
テストライダーとしての契約が12月末に満期となることから、
ファクトリーライダーとして起用した2011年からの協力関係に
感謝の言葉を送れば、ドゥカティ・コルセは、
ブランドアンバサダー兼テストライダーとして契約を
結んだことを発表した。海魚
2011年から2年間、HRCのファクトリーライダーとして
レプソル・ホンダから参戦したストーナーは、1年目に2度目の
タイトル獲得に成功。2年目の2012年は、ランク3位に進出。
全32戦で15勝を含む26度の表彰台を獲得した後、
2013年7月23日にテストライダーとして契約。
2015年1月14日には、テストライダーとしての協力関係を
維持することに合意して、MotoGP™マシンの開発に協力。

最高峰クラス参戦2年目の2007年から2010年まで
4年間所属したドゥカティとの契約では、ブランド大使に任命され、
6月1日から3日間開催されるワールド・ドゥカティ・ウィークに参加。
さらに、ドゥカティ・チームのテストに複数回参加することが決まった。

2007年のタイトル獲得を含め全67戦で23勝を含む42度の
表彰台を獲得した古巣に復帰することを決断したストーナーは、
「この5年間、HRCと共に素晴らしい旅をしてきた。
2011年のタイトル獲得は、当然最高点であり、沢山の友人を作った。」


「2016年に向けて、ドゥカティ・チームに再び加入するという発表は、
非常に興奮する。ドゥカティというブランド、一緒に働いてきた人たちとの
沢山の良い思い出があり、もう一度彼らと一緒に働ける機会は、
非常に特別だ。ジジ・ダリーニャは、新たなアプローチを確立させ、
僕はチーム、アンドレア・ドビツィオーソ、アンドレア・イアンノーネを助けたい。
ドゥカティブランドとドゥカティファンは、僕のキャリア、
僕の人生において大きな一部であることから、協力関係を再度確立させ、
この象徴的なブランドと共に新たなチャプターを開始することは、
本当に素晴らしい」
と、抱負を語った。

ドゥカティ・モーター・ホールディングの最高経営責任者である
クラウディオ・ドメニカリは、「ストーナーは、全てのドゥカティスタの
ハートにいつまでも残り、ファミリーに戻るという決断してくれたことが
大変嬉しいです。彼は並はずれた才能の持ち主であり、
デスモセディチの開発において、彼の経験がジジと2人の
アンドレアにとって重要な貢献となるでしょう。」

「2016年度ワールド・ドゥカティ・ウィークでの参加は、
全てのドゥカティファンにとって、デスモセディチで多くの勝利を収め、
2007年にタイトルをもたらせてくれた偉大な王者に再会するという
特別な贈り物となります」と、歓迎した。

motoGP公式HPより



HRCマシンへのこれまでの助言、アドバイスは
現実にどれほどのものであったかをここで語るには、
あまりに材料がありませんし、具体的な効果の尺を
知る術はありません。

HRCとは契約満了で、その後の彼の選択は自由です。
元々HRC関係者のコメントもそういった温度であったように
報道を目にしておりましたし、個人的にも同感です。

現実に知り得るのは、「HRCもドゥカティも、ケーシーの
存在を欲しがった」という事実あるのみ。
故、その存在と力が他チームへ渡ることは残念です。

これからの裏方におけるケーシーの活躍を期待致します。


もっと「モータースポーツニュース」を読む→  にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
copyright (C) ホンダとつかむ夢 -motorsports的blog- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。